05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶友のMさんから頂きました雲南の野生緑茶。
Mさんの娘さんが雲南を旅行された時に購入されたという貴重なお茶。

ぶっちゃけ~「雲南の緑茶って、プーアルの生茶ちゃうん!?」と舐めていた私。。。ごめんなさい(^^♪
09264.jpg

茶葉はとてもキレイで、産毛がたくさん。とっても品のよい感じがします。

そして、煎れて見ると渋くもなく、苦味もなく、青くもなく。。。緑茶の良いところを集めて、平均的にした感じ。この平均的なというところは、クセのないと解釈していただきたいのですが。

茶殻を見てみると、大きな葉も多少残りますが、1芯2葉で若い芽をふんだんに使っています。
万人に受けるとってもスッキリと飲みやすい緑茶でした。
09242.jpg

M様
ありがとうございました!!
スポンサーサイト
産地:浙江省開化県(龍頂譚という沼の周辺)
特徴:一芯一葉
   茶葉は細長くまっすぐで鮮やかな緑色
   4月初旬から下旬にかけて積む。お湯を入れたあとも美しい。
味わい:コクのある味わいで、甘み・渋み・苦味ともバランスがよく、後味がさわやか。
淹れ方:中投法

17世紀明時代には皇帝への献上茶だった銘茶だが、途絶えては再興されているお茶。

@TeaCamellia(上海) 2006.9.21


開化龍頂・茶葉 開化龍頂・茶色

 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。