07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子が生まれて、何かひつと年代ものの記念になるものを買ってあげようと思っていました。
ウチの旦那は、お酒好きだった義父様が旦那の生まれた年のナポレオンを記念に買って、保存していてくれました。
それを私たちの結婚式に開けて、ゲストの皆様と30年近く経ったナポレオンの味を楽しんだのでした。
こんな素敵な思い出ができるなら。。。と思って、ワインでも買うかぁ~と思っていましたが、そういえばプーアル茶があるじゃない!!と思い立って、茶友のYさんが上海に行く時に、息子の生まれ年の2009年のプーアルなまちゃを買ってきていただきました。

これがちゃ~んと2009年生産の生茶。日付が入っています。偶然にも息子が生まれた6月生産分です。
20104276.jpg

息子ちゃんが、結婚するときにきっと熟して美味しくなっているだろうよ。
このお茶が飲めるまで長生きします(笑)
20104277.jpg

そのほか、小さい餅茶も2009年もの。偶然にも紫色の餅茶は、私の誕生日12月13日の翌日生産分。

大切に保存しておきます。
Yさんありがとう。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 黒茶
しばらくご無沙汰しておりました茶心居さんへ行ってきました。

とても気さくで知識豊富なマスターにきちんとご挨拶しておかないと気がすまなかったので。(妊娠したから、お店にこれないのよ~って)

はじめは中国茶は遠慮しておこうと思ったんだけど、やっぱり飲んでしまいました。
でも比較的カフェインやさしめのプーアル茶の熟茶。
棗香厚磚という、棗のほんのり甘い香りのするプーアル茶。とってもやさしく、土臭くなく、体も温まるお茶です。
DCF_0011.jpg

それに、中国のスウィーツ「湯圓」を頂く事に。

春節(=旧正月、今年は1月26日)から15日後の旧暦で1月15日(今年は2月9日)に湯圓を食べるのが中国では習慣となっています。新しい年を迎えるお祝いの意味を込めて、家族みんなで和になって食べる(=団欒)の発音が「湯圓」に似ていることから、食べるようになったらしい。
白玉団子の中に、甘い餡が入った「湯圓」は、日本人の口にもあう味。くどい甘さはなく、おもちのとろとろとほんのり甘い餡(今日は、ピーナッツ。黒ゴマ餡が主流かな)がベストマッチングです。
tyt.jpg
身も心もホカホカになった午後のひとときでした。


  • このエントリーのカテゴリ : 黒茶
今晩はとても涼しいです。なので、久しぶりにゆっくりとお茶を淹れてみました。

台湾「茗心坊」で購入した、プーアル茶の青餅8582の焙煎ものです。
0809163.jpg

実は、購入するときに試飲させてもらってから、今まで一度も飲んでいませんでした。
今日始めて自分で淹れてみました。紫砂の急須を使って~ぬるめのお湯でまったりと。。。
0809162.jpg
濃い目に入れたのですが、飲んだ後に残る自然な甘さが印象的です。
焙煎してあるプーアル茶って珍しいですが、寝かせた熟茶がさらにまったりとしっとりとなったそんなやさしい風味があります。
0809161.jpg

このお茶は90年代の熟茶です。確か10年ぐらい経っていると聞いたような。

中国ではプーアル茶のバブルが崩壊した!?なんてニュースもあります。私が上海にいた2006年はバブリーでした。07年は少し落ち着き、08年は崩壊。。。株に投資する代わりに、プーアル茶に投資するなんてこともあったりして。きっと投資した人、今頃後悔しているんだろうね・・・市場にたくさんあったなんちゃってプーアル専門店はどうなったのでしょうか?そして、猫も杓子もプーアル茶を作った06年のお茶は10年後、20年後、どんな味になって飲まれるのでしょうか・・・不安です。
  • このエントリーのカテゴリ : 黒茶
を作って遊んでみました。



色合いに桂花を乗せて・・・・
jelly2.jpg

香りがないのよ。ゼリーは冷たいから。


じゃ~健康的にクコのみを・・・・
jelly1.jpg

沈んじゃうのよ、重たくて。

肝心のプーアル茶のゼリーの味は、本来のプーアル茶の味が出しにくいけど、まぁ食べれない事はない。でもわざわざプーアル茶ゼリーを作ることもない、との決断。やっぱりお茶はお茶ですな。
  • このエントリーのカテゴリ : 黒茶
昨晩も涼しく、珍しく相方が暖かいお茶を飲みたいというので、プーアル茶の生茶を入れてみました。

ここの工場のやつは、あまり有名で見たことないです。値段で買いました。1個18元だったと思います。『雲南昆明西山区春明茶工場』
puer xishan


砕くのが大変で茶葉がボロボロになってしまいますが、安いお茶なのできにしな~い。実際には、このように硬く緊圧されたお茶は、一度蒸して柔らかくしてほぐすといいと先生に教えてもらいました。リーゾナブルなお茶なら(だから硬いんだけど)こうしてもいいですね。

私は生茶のツーんとした独特の味がすきです。もうちょっといいお茶になると、このツーんとした中にまろやかさが残るのですが。。。(>_<)
やっぱり安いとダメですね。

puer xishan1



なんだか天気も悪くって、涼しくって。。。あの猛暑はどこへやら???
お茶の美味しい季節になりましたね。
  • このエントリーのカテゴリ : 黒茶
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。