12 月<< 2008年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何を隠そう、私はミスド好きである。

子供の頃、フレンチクルーラーが死ぬほどすきで、お店の前で「ドーナツ食べたぁ~い!」とダダをこね、座り込んだ経験の持ち主です。

上海でもミスドがあって、しかもウチの近所にあるので、うれしくてたまらない。

今日は、10種類のドーナツが半額セールをしていたので、早速行ってみました。

スゴイ人で。。。売り切れもたくさんあって、念願のフレンチクルーラーは買えませんでした。
が、ココナッツのドーナツを購入し、半額で3.5元。
日本と同じ味がするので安心して食べれます。

今日もとっても寒いので、宜興紅茶を飲んでほっと一息。
また明日から上海は雪だそうです。
dounut.jpg


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶
といいますのも、中国は旧暦なので、中国人の人にとってはまだ新しい年になっていないのですね。

今年の旧正月(春節)は、2月7日です。

お正月明けの、旧暦1月15日にあたる日を「元宵節」といって←詳しくはコチラをご覧下さい。 湯圓を食べる習慣があります。

てっきりお正月に食べるもんだとおもっていたら、違いました。

冷凍物が意外とおいしいので、今日は茹でて食べてみました。
結構いける!色んな中身のものがありますが、スタンダードなゴマペーストを。黒ゴマの香ばしさと、おもちの部分のとろとろがたまらない。
DSC03504.jpg


お茶は、「白鶏冠」です。
  • このエントリーのカテゴリ : フード
コレです。。。

ジンジャー紅茶。

何も難しいことはないんです。

ただ生姜のスライスを、紅茶のポットに入れれお湯を注ぐだけ。

美味しい紅茶だともったいないので、ちょっと風味の抜けた紅茶をがぼっとつかんで、ポットにお湯を淹れて、生姜入れて、またお湯を足して。。。
DSC03486.jpg


ちょっとピリッと、ほっとするお味。
何よりも体が温まるのが嬉しいです。手先が凄く冷えたとき。これでバッチリです。


でもなにより体を温めるのは、最高級の岩茶なんですが。。。
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶
先日、お茶教室のお仲間の奥様たちと一緒にお茶市場(=天山茶城)にいきました。

お茶好きの友達と一緒にお茶を買い物にいくと、自分と違った観点でお茶選びをするのでとっても勉強になり、新しいお店の開拓ができますね。

以前私もいったことのある岩茶の専門店。今回一緒にいった奥様もオススメということなので、皆で試飲しにいきました。

色々と飲ませてもらった岩茶の中で、気に入ったのが極品「肉桂」です。
DSC03483.jpg

お茶を淹れる時の香りは花の香りがすごく高くて、お茶を頂く時の香りはどこかシナモンのような香り。味はほんわか甘くて、飲んだあとにじわ~っと甘さが戻ってくる感じです。

の割には値段がお安かったので、買うことにしました。
DSC03484.jpg


「鄭汝平」という人が作った岩茶だとのことですが、この方は岩茶の伝承人の12人のひとりではなく、ネットで調べると「武夷星」という岩茶の大手ブランドの副総経理だとか。いやいや、同姓で岩茶を作っているすごい人なのかもしれません。

このお茶を買って改めてわかったこと。
1)私は岩茶好きだけど、水仙よりは肉桂のほうが好きだということ
2)肉桂は、シナモンの香りがするという人もいれば、金木犀の香りがするという人もいる。これはお茶によるんだな~と。
3)お店の老板が色々教えてくれた岩茶のひみつ。。。などなど。

生産地で育った&勉強した人(=老板)の話は、どんな本よりも説得力があって、信用できますね。もっと中国語ができれば、いっぱい勉強できるのにな~(涙)

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
先週の高級茶芸師の講座で、出会ったおじ様。
香港からわざわざ講座を受けにいらっしゃった白髪のおじ様(日本人)。

私たちの教室はオンリー女性。しかも奥様オンリーなので、おじ様はとっても目立つのです。
だから、自然と「ちょっと変わった人???」なんて、お話もしないで、第一印象を決めてしまう人間の心情とは怖いもので、相手の方に大変申し訳ない。。。

が、このおじ様。。。すごい人だったんです!!

上海や杭州でお茶の勉強をされ、香港で中国茶の茶芸教室を開かれていていらっしゃるのです。

「恐れ入りましたぁ~」

そして、このおじ様のモット凄いところは、中国茶の本を書いていらっしゃるということです!

自費出版ならぬ、「自家出版」  出版社を通さずに自分で製本され、香港の茶芸館や書店に置いてもらっているという。

本のタイトルは「茶芸学通論」
DSC03481.jpg


タイトルに負けないぐらいの、すご~くマニアックな内容です。お茶のマニアックな本は中国語ではたくさん販売されていますが、なかなか理解できないので、買って満足、読まずに放置状態が続いておりましたが、おじ様の本は、中国で学んだことを総合して、日本語でくわし~く書いてあるので、とっても勉強になります。
DSC03482.jpg


お茶好きには絶対売れる本!だと思うのに、一般販売されていないのが残念。

おじ様のほかの論文や本も読んで見たいと思っているところです。

にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
しばらく飲み続けていたのにブログに記録するのを忘れていた「本山」

お茶好きの人は知っている「本山」 鉄観音と似た風味を出すので、鉄観音とブレンドしたり、他の福建省の烏龍茶とブレンドして鉄観音に化けたり。。。。

確かに鉄観音の親戚にあたる品種なので、おいしいものはおいしいものですが。

おいしい「本山」さん(→あえて”さん”付け)は、『本山さん』として販売してほしい。

最近市場にいくと、本山さんだよ~と出してくれるお店もあるので、嬉しい限りですが。

今日の本山は、07年の春茶です。Teasiaさんで秋になってから購入したものです。
DSC03477.jpg

しっかりと顆粒になった茶葉は、控えめな香りをはなち、でも甘くて、鉄観音に負けないやさしい甘さで勝負してくれています。

私はやっぱり鉄観音は鉄観音、本山は本山として飲んでいたいです(と、ま~いかにもお茶を知っているかのようなコメント(笑))

決して高級なお茶ではない本山さん、毎日ガボガボ飲んでいたら、残り少なくなってきました~。なんだか悲しい。。。おいしいのにな~。
DSC03480.jpg




にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
またまた飲みました台湾茶。

今日は木柵鉄観音です。
え~と、こんなに黒かったっけ?と思うほど焙煎が効いていました。
1年以上置いてあったお茶なので、香りが飛んでしまっていました(涙)
DSC03472.jpg


飲んだときよりも、飲んだあとのほうが甘みを感じるお茶でした。
保存状態がよくなかったので、香りとかがわからないので、やっぱりいい台湾茶を飲みたいな~と思う今日この頃。でもその反面、大陸の比較的大味なお茶のほうが好きだったり~なんて、人の習慣は怖いですね。

今日は朝ごはんがなかったので、蒸しパンを作りました。で、金柑でジャムをつくりましたので、一緒に頂きました。金柑ってすっぱいね~。
DSC03473.jpg



にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
これまた一期一会さんに頂きました台湾茶「梅香茶」です。

台湾茶ってくわしくないんですぅ~私(涙)
先日の高級茶芸師の試験課題も台湾茶だったし、日本人は台湾茶好き・・・だから、私もせっせとお勉強しないといけないですね。。。と思っております。

実は名前も聞いたことのないお茶だったので、飲みながらネットで検索。
文山包種の産地で作る、発酵度80%の烏龍茶とのこと。
DSC03467.jpg

てっきり紅茶だと思っていたので、ビックリ。

飲んでみると、やっぱり紅茶っぽい。ほのかに梅の香りなのか?なんなんだろう?
すごくさっぱりした香りのなかに、紅茶らしい柑橘系の香りと、甘い花の香り。
ウマく表現できませんが、台湾茶の細かい味がさらに細かく私に訴えてくるような感じのお茶(どんな感じじゃ?)でした。
DSC03470.jpg


ゆるめのお湯 or 水出しで淹れるとまた味が変わるそうなので、今度試してみましょう。


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶
この二日間で私にとって、『大人買い』をしてしまいました。

私が愛する上海にある中国茶屋さんTeasiaさんで、店舗移転のためのセールがありました。
セール開始日にはいけなかったのですが、翌日の午後いちでいきました。

すごくやすくって思わず検品もせずに大人買い!
私にとってね。値段を気にせず、買いたいものをとって別のテーブルに並べていく。。。すごい快感です。最後には買いたいものが多すぎて、ちょいとお財布と相談しましたが、こんな機会はないと、一気に買い込みました。

DSC03466.jpg

これも・・・
DSC03465.jpg

これも・・
DSC03464.jpg

これも・・・
DSC03463.jpg

これも・・・
DSC03462.jpg

もっとたくさんあるんですけど。。。。

そして、今日お茶教室の茶友のみなさまと天山茶城へ行きました。
お友達と一緒にいくと、お友達が買いたいお茶の試飲をただで飲ませてもらえるので、ラッキー!と思ってついていきましたが、やっぱり買ってしまいました。茶器と茶葉。

DSC03461.jpg

こぶりの景徳鎮蓋碗。

私にしてはいつにもなく浪費してしまいました。。。

でも、気に入った茶器だったし、普段がまんしているし、今度買いに行った時にはもうないかもしれないし。。。

ということで。お許しを~。これも自分へのお年玉ですね。


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
  • このエントリーのカテゴリ : 茶器
今年年明けの第一番目のメインイベントは、「高級茶芸師の集中講座」でした。
1月12日~17日の6日間。連日朝から夕方まで、びっちり講義&実技練習で、どっぷり疲れました。

今回は、講義よりも実技が多く、内容も比較的フリーに茶芸ができるので中級よりは気が楽でしたが、高級茶芸師は、「お客様をおもてなし」することをメインに、お茶の味、色にこだわりをもって指導していただきました。

テストは、二つの茶芸を披露することと、筆記テスト。筆記のほうは、お茶の全般にわたり出題されていて、特に茶芸のテストなので、文化や歴史の問題が多く、コレには参りました。もっと勉強をして知識を広げなければいけないと思いました。

茶芸の実技は、一つは必須の「ミン式工夫茶」で岩茶の水仙を入れました。演出よりもお茶の味にこだわりを持って挑みました。茶杯と急須のバランス、そして茶の量など。。。適当といいながらもやっぱりテストだったので、少し気を使ってみました。

おかげさまで、テストではお教室で支給されたいいお茶を使わせていただいたので、自分でもびっくりするくらい甘い、美味しい岩茶が入れられることができました。

2つめの茶芸実技のテストは、台湾式烏龍茶茶芸。苦手な聞香杯を使う茶芸です。
使用する茶葉は「四季春」 普段飲みなれていない茶葉なので、味のピークはどこなのか?よく理解しないまま、適当に入れてしまいました。

茶芸の動作そのものは間違えなかったのですが、お茶の味がシブくなり、香りも出なかったので、点数は低いと思います。

今回のテストは、茶席設計も試験項目に入っています。自分の好きなように茶席をデザインするのです。私は普段からあまりそういったものに目を向けていなかったので、正直こまりました。

素敵な茶器も持っていなければ、お花を生ける花瓶もないし、もちろん掛け軸なんかも、小道具も全然持っていません。

同学のなかには、詩を書いたり、茶菓子を準備したり、有名な陶芸作家の器を飾ったり。。。とそれはそれは皆さんこりにコッていらっしゃいました。

「すごく素敵だな~」とおもいつつ、芸術的に、文化的にこういったものを見る目を養いたいなと思ったり。。。

まぁ、私は自分でできる範囲で「シンプル茶席」

こんな感じで、シンプルです。(台湾式茶芸)
DSC03437.jpg

DSC03439.jpg


お花が少ししおれましたが。。。。
DSC03438.jpg



楽しかった6日間。まだまだ日々精進です。
上海にも本格的な冬がやってきました。今晩は少し雪がふりました。
こんな寒い夜は岩茶でほっこり。

さて、12日より6日間、高級茶芸師の資格を取得するため集中講義にかよっております。
高級はオリジナル性を求められるので、細かい動作などはあまり気にしていませんが、もう幼稚園児にみたいに茶芸をすることができないので、ちょっとあせります。

理論のほうはそんなに難しくないのですが・・・

今回は福建省から有名な先生が来てくださっています。

茶芸の先生は、「呉雅真」先生です。とってもかわいらしいオバチャマです。

なんと、この先生90年ごろだったと思いますけど、日本のサントリーの烏龍茶のCMに出演していたそうなんですね。なんだかそれだけで私得した気分なのはミーハーだからでしょうか?

そして昨年11月に受験した、中級評茶員の合格証書がやっと届きました。
おかげさまで合格していました。

明日からまた茶芸の特訓です。


ポッチっとしてくれるとうれしいです。

ありがとうございます。
これまた頂き物の安溪鉄観音を一人おいしくいただきました。
一期一会さんが、07年の秋に安溪に行かれたときのお茶です。


鉄観音は、香りと味のバランスが難しいと思います。香りが高くても味が薄かったり、味はいいが、香りが薄かったり。。。

今回頂いたお茶は、両方がほどよいバランスで、香りもとても華やかで、味も少し薄いと感じるかもしれませんが、甘みがほどよく、美味しく頂きました。何よりも綺麗なお顔している茶葉でした。
tetsu.jpg


そしてお菓子は、黒ゴマクッキーとクコのみクッキー(試作です)
バター少な目なので、ちょいと硬いですが。
tesu.jpg

cookies1.jpg

cookies.jpg


ついでに、青汁パウダーで作ったパウンドケーキも載せておきます。
cake.jpg


ポッチっとしてくれるとうれしいです。

ありがとうございます。
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
ブログランキング始めました。ポッチっとしてくれるとうれしいです。

ありがとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

08年も始まりました。上海はいつもと変わらない風景ですが。
今年の目標は、お茶に関して言えば「美味しいお茶をたくさん飲むこと」と「昨年身に付けた中国茶の知識を確実なものにする」そして、「お茶全体を楽しむ」ということですね。

上海はお正月らしくないので、せめてお茶初めだけでもお正月らしくと思い、眠っていたきり餅を取り出し、賞味期限は切れていたが、ま~大丈夫でしょということで、お餅を焼いて磯辺焼きにして食べました。
da2.jpg


そして肝心のお茶は「大紅袍」です。
昨年12月に武夷山に行った時に、王順明のおうちで購入した「大紅袍」
一人で飲むのはもったいないと思ったけど、お正月なので。。。
da.jpg


封を開けた瞬間、ふ~ぁんと焙煎のいい香りと甘い香りが漂って、お茶を入れるとそれが更にまして、お茶を飲むととっても上品な大紅袍の味、花の香りのなかに焙煎のいい香り、そして自然の甘み。武夷山の美しい風景が、ふぁ~っと広がるようなそんな味でした。
da1.jpg


正直、びっくりするぐらい上品な甘さと味で大満足です。
da3.jpg


08年も始まりました。
今年一年もまたお茶を通して、素敵な出会いがあるといいですね~
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。