FC2ブログ
05 月<< 2008年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
とうとう私のお茶好きもここまできました「お茶の樹を育てる!」の巻。

茶縁ってすばらしい!お茶が繋いだご縁で、茶樹の苗木をいただきました。

しかも3品種も。
それを植え替えしたんです。
日本茶インストラクターのテキストに、ちゃんと土壌の性質などが書いてあるのに、どうやって育てていいか?どんな土を選んだらいいか?さっぱりわかりませんでしたが、教えていただいた通りになんとか植え替え完了です。


【あおちゃん】と名づけました。
花粉親=さやまみどり
種子親=青心烏龍
DSC03910.jpg


【大葉くん】と名づけました。
花粉親=大葉烏龍
種子親=さやまかおり
DSC03913.jpg
DSC03911.jpg
DSC03909.jpg


【かおりさん】と名づけました。
日本茶のさやまかおり
DSC03912.jpg



の3品種です。
私は茶芸とかよりも、品種の違いや製法の違いを理解しながらお茶を楽しむのがすきなので、貴重な品種のお茶(=中国の烏龍種)を自分で栽培できるのは本当に幸せなことであります。

この私、園芸というものが苦手で、今までネギとかしか育てた事がないんですけど、そんな私でもお茶は育てられるか?ちょ~心配です。

これから大きくなっていく茶樹たちをブログで紹介していきたいと思います。

うふふっ・・・
スポンサーサイト



4日目の続き・・・

意翔村茶業さんを跡にして、そこから歩いて10分ぐらいかな?「永康街」へ行きました。

雨も降って寒かったけど、台湾にきたらこれでしょ~!といわんばかりに、マンゴーかき氷を食べました。永康街にあるかの有名な氷館にて。
binguang1.jpg

binguan.jpg


一人でかき氷も寂しいな~と思ったけど、お隣の席も日本人女性一人。

そのあと、永康街にあるお茶所を見て回ります。
沁園
治堂(エントランスです)
zhitang.jpg

そして、茶芸館の回留
huiliu.jpg


ご予算の関係上、『みてるだけ~』になりましたが、場所かとってもオシャレな店で、特に治堂は凄くノスタルジックに洒落ていて、私の好きな空間でした。

バスにのって台湾駅まで戻り、『新純香』へ行きました。
結構ガヤガヤした街の中にあって、夜行ったんですが、お店の前に屋台とかあって・・・????
お茶飲むんですけど。。。香りがきになりません!?と思ったけど、お店の中ではなにも気にならず。
xinjunxiang3.jpg

xinjunxiang2.jpg


ここは、小売り専門です。めちゃくちゃ値段も高くなく、人気が高いです。
自家焙煎しているようですので、烏龍茶の焙煎の強さも3ランクほどあるので、マニア向けですね。
何より、ここのお茶うけがとっても美味しいのです!「買ってください」と言わんばかりに、販売しているお菓子が少しずつ切ってあり、全種類お皿にもって出してくださいます。それを食べながら、試飲します。日本語もOKなんで、すっかりくつろぎモード。
xinjunxiang.jpg


気になっていた焙煎の鉄漢音、凍頂烏龍などを買いました。お茶請けも買っちゃいました。
ここではじめて台湾の緑茶を飲みました。う~ん、やっぱ大陸の緑茶が美味しいね。買うの辞めました。

私がいたときに、日本からの出張のサラリーマンが3人ほど来店しました。「おいしい~おいしい~」といってお茶もお茶菓子もたくさん買って行きました。お店としてはうれしいお客様ですね。でもね、ジャスミン茶の工芸茶しか買わないの。おじさん達「きれいだね、妻が喜ぶよ」確かに、そうですけどね。。。その工芸茶「大陸産」なんですよ、お店のオネーチャンが言っていました(笑)
アメリカのディズニーランドにいって、「MADE IN CHINA」のミッキーのぬいぐるみを買うみたいなもんかな・・・ちょっと違う!?


さ~旅も最終日 5日目 6月3日(火)

今日もお茶探しです。MRT西門駅から歩いて数分、「華泰茶荘」へ行きました。
lin10.jpg

日本の東京のお店はなかなか行けないので、、、せめて台湾では、と思い。こちらは試飲はできません。茶缶に入った茶葉を見せてもらって購入します。100g単位でOKです。安価な普段のみから、一般高級レベルまで揃っています。
lin9.jpg

私的には、普段飲みの安いお茶を買おうと思ったのですが、店員さんに「茶葉見せて」とお願いすると、「これはあまりおいしくないよ、こっちのほうが美味しいよ」といって安いのを買わせようとしません(笑)でもやはりいい茶葉を見てしまうと、安いものは買えませんね。普通の凍頂烏龍を買っちゃいました。 ちなみに密封ですが、真空にはしてくれませんので。

そこからテクテク歩き、陸羽茶芸の場所までいって、『ふ~ん』って写真だけ撮って(すでにこの時点で所持金あやうし)、またテクテクあるいて、重慶南路の本屋さんがずら~っと並んでいるところにきました。

おおおおっ!中国茶の本でも探しますか!
マニアックな本はなかったけど、一般的な本をお買い上げ~。帰りめちゃくちゃ重たかった。
books.jpg


そして最後は、「春水堂」で珍珠奶茶を飲みました。
屋台スタンドの奶茶と違って、紅茶の部分がめちゃくちゃ美味しかった。紅茶の渋みとコクがしっかりあって、甘さも控えめ。苦手なタピオカは相変わらずでしたけど、タピオカも粒が小さめで飲みやすいのね。
milktea.jpg


ここで一息ついて、台湾の旅行はおしまいです。

帰り、ドミから空港行きのバス停までひどい大雨で、バスに乗ってもものすごい雨。。。心配しましたが、時間通りに帰ってきました。

ふ~、お茶を求めて、初心者kikoは大満足して台湾を去りました。次回は、産地へGO!
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム