FC2ブログ
05 月<< 2008年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
先日、とある紅茶専門店さんでキーマン紅茶をいただきました。

が、なんだが美味しくない!?っていうか、キーマンの花蜜の香りと味がないんですけど。。。。(>_<)と思い、他の紅茶はすごくおいしいのに、何でだ?中国茶の評茶員としましては、なぜだか理由を知りたいということで、お財布は痛かったけど、キーマン(07年)を購入して帰宅することにしました。

というのも、我が家には07年の特級のキーマンがあります。キーマンにはあと2~3ランク上のものがありますが、ご予算の関係上特級しか買えませんでした。そしてこの特級キーマン(上海で購入)と、日本で購入したキーマンを飲み比べてみる事に。

日本で購入したキーマンのランクは分かりませんが・・・

外見を見てみると、
DSC03947.jpg
上海で買った特級

DSC03948.jpg
日本で購入したもの

日本で買ったほうは、芽が少なく、茎が混じっています。多少枯葉も混じっています。
全体的にツヤが劣ります。

特級は、芽が日本のものより多く、茎・枯葉といった異物がありません。ツヤもあります。

同じ条件で、淹れてみました。熱湯70cc、茶葉3gで3分。(ちょっと邪道な分量ですが)
日本のものは、渋みが出てきました。香りは、OKです。上海のものは、渋みは弱く、花蜜の味があります。
DSC03949.jpg

DSC03950.jpg
左が日本、右が上海。日本が湯色が濃くなりました。

茶殻は・・・・若干上海のもののほうが色が鮮やかで柔らかいですが、この判断は難しいです。
DSC03951.jpg


ということで、やっぱり同じ名前のお茶でも違うんですよ!(当たり前ですが)

日本で売っているお茶は、中国のお茶市場で購入するみたいに、茶葉の外見もチェックできないし、試飲もできないものが多いですよね。。。そりゃコストを考えると無理なのは分かりますが、販売してくださる方を信用して買うしかないんですよね。そしてその人と味の好みが違えは、自分は「?」と思ってしまうわけで、難しいところです。

日本のお茶の専門店はまだまだ経験が少ないのですが、「美味しい」って思えるお茶に出会えるのは、オーナーさんの「お茶に対する情熱」をものさしにしているような気がします、私自身。茶葉を買うというより、オーナーさんの情熱を買うといった感じでしょうか。だから好きなお茶屋さんのオーナーさんのお茶は自然と美味しく感じるし、オーナーさんのファンになるわけですね。

明日から7月ですね。。。。梅雨の真っ只中。わが息子&娘も日に日に成長していきます。
DSC03952.jpg

DSC03953.jpg

DSC03954.jpg
大葉くん、芽がしっかり出てきました(^^♪


スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム