09 月<< 2008年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋と言えば、栗!
中津川の栗きんとんは有名で、季節になると名古屋のデパートでも帰るが、中津川まで友人のドライブで行ってきました。

中津川には何店か、栗きんとんの有名なお店があります。
全部はいけないので、6店舗の栗きんとんが1つずつ入っている食べ比べセットを、観光案内所で購入(^^♪

栗と砂糖だけで作られた栗きんとん。しっとり香り豊かでお茶によく合います。

今日は、王順明の珈琲烏龍(岩茶)です。
さすがブレンドの王氏。岩茶というよりは、そごく香りのいい強焙煎の烏龍茶という感じがしますが、煙臭くなく、自然な森の香りが漂うお茶でした。

DSC04216.jpg
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : フード
生まれて始めてかも知れない。。。オカネを払って日本茶を飲んだのは。

今日は、気になっていた東海市にある道中庵さんに行ってきました。名鉄高横須賀駅のロータリーにあるお店は、駅のロータリーなのに、メチャ静か。。。コレって田舎(失礼いたしました)
DSC04194.jpg
DSC04195.jpg

外にはお茶の樹も植わっていて、花が咲き、実をつけておりました。
DSC04196.jpgDSC04197.jpg

店内は、照明控えめな落ち着いた雰囲気で、たくさんの急須や、インテリアにコケの鉢植えなどがあり、日本風なのですが、モダンな感じがするお店内でした。

初めてのお客は、選べるお茶が決まっています。(これも店主のこだわりなんでしょう)
煎茶、茎茶、抹茶の3種類から選びます。私は甘い茎茶を注文しました。

温度を変えて、店主が丁寧に3煎入れてくれます。
1煎目は、ぬるめのお湯で・・・・小さい茶杯ででてくるのですが、飲んで見るなりビックリ!?
お茶であってお茶ではない!!
野菜のだしを飲んでいるみたいだ。。。すんげ~。

2煎目は、ほぼ水温で淹れたもの。味のベースは一緒なんだけど、パンチがなく優しい感じ。

そして、3煎目は、低めの温度で少々多めに。。。
DSC04199.jpg

これが本物なのか?

搾り出し急須でしずくのようにお茶を淹れ、そのしずくを堪能する。
本当に少しの量だけど、味がギューっと詰まった、今までに飲んだ事のないお茶の味。
これは好き嫌いが分かれる嗜好品だと思うけど、なんだかお茶の凄さにまた出会えた気がしました。

DSC04200.jpg
搾り出し急須の中はキレイな茶葉がふんわりと。。

お茶菓子も数種類から選べ、季節柄栗きんとんにしてみました。
栗だけで作った栗きんとん、甘さは栗だけで、さっぱりお茶の味を邪魔しません。

DSC04198.jpg

これも煎茶道なの???と疑問を抱きつつ帰宅。今日は他のお客様がいらっしゃったので、マスターと話することができせんでしたが、次回はこの辺のナゾを追及するためにでかけましょう!
  • このエントリーのカテゴリ : 日本茶
岩茶が美味しい季節になりました。

今日は、王順明が作った極品『肉桂』です。

お茶はその年によって、季節によって、作り手によって、作り方によって、そして保存の仕方・時期によって全然違うお茶に化ける。。。これが面白いところ。

岩茶には、上記プラス、ブレンドとか焙煎とか加わってくるから、これまた面白い。

王順明はブレンドと焙煎が持ち味の茶師だと聞いています。だから彼の手に掛かれば、どんなお茶も美味しく化ける!?
DSC04192.jpg
昨年買った岩茶。まったりと落ち着いた味に落ち着いているような気がします。
が、ちょっとパンチが足りなかったな~。肉桂と言えば、「いわちゃ~ぁ」ってイメージがあるんで、少々パンチが効いているほうが私は好き、ということは若い岩茶を飲んだほうがいいのかね。
DSC04193.jpg
そろそろ今年の新茶も美味しくなるころ。。。ううう~のみたい。
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
先週の日曜日、ムショウにおいしいコーヒーが飲みたくなった。
自分でがんばって淹れればいいのだけど、どうしても人が淹れてくれたコーヒーが飲みたくなった。
オカネないし、めんどくさいし、時間もないし・・・

速攻ネットで検索して、名古屋市南区にある『隠し家カフェギャラリーえん』さんに車を走らせました。
DSC04181.jpg
古い民家を改装したお店は、手作りの雑貨がたくさん置いてあり、昔ながらのひろい畳の部屋があって、ちゃぶ台を並べたカフェ。
DSC04188.jpg

私は一人、カウンターの前に唯一あるソファーに座り、コーヒーを注文する。

これが、なかなかうまいんだな~。
DSC04185.jpg


コーヒーの豆のことはあまり詳しくわからないけど、家でも美味しいコーヒーが淹れられるようになりたい。まずは、グッツかな???
茶友のSさんから教えていただいた喫茶楽塾に参加してきました。
DSC04175.jpg
静岡県茶商工業協同組合が開催する緑茶のセミナー。堅苦しいテーマではなく、より楽しくお茶を飲むための講座という名目。しかも無料+お土産付き♡

私が参加したテーマは「緑茶コーディネート」。テーブルごとにテーマを決めて、コーディネートを楽しみます。日本茶=和のイメージですが、お茶請けには洋菓子やクッキーもあり、食器もティーポットのようなものも様々。結構たくさんのコーディネートグッツがあって、本格的。

同じテーブルに座った方2名と、「庭でガーデニングをしながら、お友達とおしゃべりを楽しむ」というテーマに決め、早速テーブルクロスや小物、食器、お花などを揃えていきます。

私はお花を生けるのが苦手なので、そこはお任せして・・・小物とか、お菓子とか準備しました。
DSC04166.jpg
DSC04167.jpg
実際に、お茶も入れて、ティーパーティーの開始です。
時間は少なかったけど、即席で作ったコーディネート。まぁ~初めてのわりにはいいんじゃないかと。

各テーブル、個性があって面白かったです。
DSC04168.jpg

DSC04169.jpg

DSC04170.jpg

DSC04171.jpg

DSC04172.jpg

DSC04173.jpg

テーブルコーディネートの実践の間に、お茶の淹れ方の基本や、お茶の基本などを講義していただきました。

帰りには、使ったお茶をお持ち帰りできました。あまったお菓子もお花もぉ~。

今回は静岡県の主催だったので、静岡茶の宣伝ばかりでしたが。。。。(笑) 伊勢茶も頑張らないとね。
DSC04174.jpg
  • このエントリーのカテゴリ : 日本茶
秋の茶樹は、夏のようニョキニョキとは伸びず、しっかりじっくりといった感じでしょうか。。。
剪定をしたというのもありますが、大丈夫?というぐらい、じっくり成長しているようです。
DSC04179.jpg


長雨が続いたあと、観察すると小さい芽がたくさん出てきています。
DSC04178.jpg

そして、幹がしっかりしてきました。
DSC04180.jpg
DSC04177.jpg

これから冬に向けて、もう殆ど上へニョキニョキと伸びることはないだろう~と思うと少し寂しいですが。
DSC04176.jpg
すっかり朝晩は涼しくなりました。そんなときは、香ばしいお茶で・・・。

今日は、台湾の意翔村茶業の「古典美人」です。
DSC04161.jpg

比較的お買い得なお茶です。焙煎が入っているので、烏龍茶なんですが、清香のほうではなく、どちらかといえば伝統的。
こちらの「古典美人」は様々な品種をブレンドしたお茶です。意翔村茶業の看板商品だと思われますが。
DSC04162.jpg
焙煎の香りと烏龍茶そのものが持っている甘さがふ~わりとマッチして、お菓子とも合うし、ほっこり度も高いし、しかも高級ではないことが嬉しい。確か100gで200元(=800円ぐらい)

しっかりと締まった巻曲形で、茶葉が開くまで時間が掛かります。茶葉は比較的小さめです。煎はびっくりするほどききませんが、普段飲みとしては十分ではないかと思われます。
DSC04163.jpg

  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。