04 月<< 2009年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、Made In Japanの半発酵茶があると紹介した事がありました。

それが、おわせの金香茶です。

今年も新茶ができたそうで、サンプルを送ってくださいました。
DCF_0187_convert_20090530174336.jpg
今回の新茶は、日本茶の緑茶でよく作られる「べにふうき」という品種を使った、半発酵茶です。
DCF_0189_convert_20090530174506.jpg
封を開けると、ふわ~んとやさしいフルーツのような香りがします。
茶葉は、比較的大きく、ぎっしりと縁ってあり、見た目は硬そうです。

お湯を注ぐと、見た目よりはすぐに茶葉は開き、さわやかな香りをかもし出します。

頂いた感想は、日本茶品種でつくる半発酵茶は結構青っぽい味がするもんですが、今回のこのお茶は、青っぽさを少し残しつつ、自然な甘さが口のなかに広がり、香りも随分高いお茶でした。
DCF_0190_convert_20090530174553.jpg

茶樹の栽培から、茶摘み、製茶、販売まで、すべて手作りでされていらっしゃるこのおわせの金香茶。作っている人のお顔が見れ、愛情を感じる事ができるからこそ、本当に美味しく、そして、ありがたみをもって頂ける、これが本当のお茶の頂き方なんだな~と思う今日この頃です。

開いた茶葉はこんな感じでした。
DCF_0191_convert_20090530174708.jpg
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
タイトル通り、「茶葉交換会」なるものに参加してみました。

mixiの紅茶のコミュのイベントで、前から気になっていたイベント。思い切って初めて参加してみました。有志の方がイベントを企画して&とりまとめ&運営までしてくださって、ありがたい話です。

まず、参加を表明して、指定されたところに、指定されたグラム数の茶葉(紅茶に限る)を送ります。
参加者から集まった茶葉をシャッフルして、送ってくださるという仕組み(返信用の封筒&切手を一緒に送っておくんですね)

私は中国紅茶を5種類送りました。
きちんと小袋に入れて、ラベルをつけて、ちょっとマニアックな中国紅茶なので、お茶の解説もつけたりして・・・
DCF_0141_convert_20090529224753.jpg

今日、交換させていただいた茶葉が届きました~
DCF_0186_convert_20090529224606.jpg
私の手元に送られてきた紅茶は、自分ではなかなか買わないフレーバーティーや有名なお店の紅茶が入っていて、いつもと違った紅茶が楽しめそうです。

お気に入りのお茶は増えていくばかりで、なかなか消費できないし、自分で買うお茶は好みが偏ってしまうので、こういうイベントを通して色んなお茶を少しずつ頂いて楽しむのは、すごいいい機会だと思いました。また次回も参加したいですし、中国茶でもこれやってみたいな~
実家に帰ってきて、暇をもてあましておりますので、ちょっと地元グルメを堪能してみることにしました。

私の実家は、三重県津市。県庁所在地なのに、田舎です。特に私の住んでいる市中心部は、ドーナツ化現象により、商店街がシャッター街になってしまっているんです。
そこで、町おこしのために色々とがんばっているんですね。

津ぎょうざ
これは、私の小学校時代、給食の人気メニューだった大きな揚げギョウザ。それを復活されて、ご当地B級グルメにしよう!という動きがあるんです。
私も大好きだった給食の「津ぎょうざ」 早速食べてみました。
SBSH0178_convert_20090529222730.jpg

津ギョウザを販売しているお店は、20店舗ぐらいあり、皮=15cmで、揚げギョウザであれば津ギョウザと呼べて、餡はそのお店のオリジナル。ってのが復刻版ルール。だから学校給食そのものじゃない=よりおいしくなってます!が、私としてはとっても懐かしかった&おいしかった。いろんなお店の津ギョウザもたべてみたいな~

高虎ドッグ
こちらは、新しい名物!?
DCF_0183_convert_20090529222821.jpg
江戸時代?津の藩主に「藤堂高虎」という人がいました。その人の名前をとった「高虎ドック」でもね、色んな具のドックサンドなわけ。サラダ系、ホットドック系、スウィーツ系と種類が豊富で、選ぶのも悩んでしまう。お値段もリーゾナブル。1個200円後半~300円後半です。
ランチタイムに行ったら、セットがあって、日替わりドックとサラダ、フライドポテトにドリンクついて、なんと640円!!おやすいわ~。女性ならこのボリュームでOKです。
あとモーニングとかもあるので、時間が許せばいってみたいです。

蜂蜜まんじゅう
tim_18343_l.jpg

小さい頃からミスタードーナツとならんで大好きだった蜂蜜まんじゅう。オーソドックスなあんこのお饅頭ですが、ほのかな蜂蜜の甘さがグーで、しかも1個50円。でも子供の頃は1個30円ぐらいだったな~。10年ぶりぐらいに食べて、涙がでそうだった。味がかわってないも~ん。


  • このエントリーのカテゴリ : フード
ちょいと季節はずれになりつつあるいちご。
生のいちごを使ってビスケットをつくってみました~。
SBSH0179_convert_20090526165717.jpg
なかなかのできばえ。生のいちごの風味が損なわれず、しっとりとサクサクが混ざった感じ。
われながらよくできました。

今日は、ルピシアで買ったルピシアのデカフェ紅茶をいただきました。
普通の紅茶にはかないませんが、カフェインを気にせずいただけますね。
  • このエントリーのカテゴリ : フード
先日の手作りジンジャーエールに引き続き、ジンジャーシロップを紅茶にいれてみました。

暑い日だったので、宜興紅茶をロックでアイスにして、ジンジャーシロップを少し入れてみました。
ほんわかジンジャーの香りと風味、紅茶を邪魔しないシロップの甘み。
こりゃなかなかいいね!

お茶請けには手作りマドレーヌを。でも失敗です。
昔母が作ってくれた、しっとりとしたオーソドックスなマドレーヌを作りたかったのに。。。
ネットでレシピを検索して作りましたが、最後の最後の段階で自己流を加えてしまったのが失敗の原因かと。

次回はきちんとレシピ通り作って、オーソドックスな基本のマドレーヌを作りたいです。SBSH0177_convert_20090524191336.jpg
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶
みょ~にジンジャーエールが飲みたくなりました。

そこで、ヒマヒマ妊婦はお手製のジンジャーエールを作る事に。

しょうが25gと水150ccをお鍋で5~10分煮詰め、温かいうちにはちみつを大さじ1~2杯(お好みで) それを冷ましたら、ジンジャーシロップの出来上がり。

そして、適当に炭酸水で割ればできあがり。(レモン汁があるといいかもね)

これが結構美味しかったりする。蜂蜜の甘さだけ出し、炭酸水も糖分入っていないものを選んでるし。
夏にはさっぱりジンジャーエールかな。
SBSH0173_convert_20090522112822.jpg


お茶好きには、4~5月は新茶のでまわる時期でそわそわします。

今年はおとなしく茶摘などもいかず、寂しい思いをしておりました。でもやっぱり新茶は飲みたい。
ということで、地元の日本茶を買いました。

地元三重は、お茶の生産地。伊勢茶として販売されていますが、そのブランド名の知名度は低い(涙)でも、静岡、鹿児島について生産量が多い、全国3位なのだ!!がんばれ三重!

三重も広いけど、私の地元でもお茶は作ってます。地元で物産展をしていたときに見つけたお茶。
その名も『ひげ茶』!?

面白いネーミングに引かれ、店先で他のおばちゃんがひげ茶について店員さんに色々聞いているのを横で聞いていました。

すごくやわらかい仕上がりで、ひげみたいに細く・・・昨年坂東英二さんが飲んでたお茶!→地元のテレビ番組で紹介されたということね。

らしい。。。。

そして更に私がつっこんで聞いてみる。「このお茶は、どんな生葉を使用しているのですか?」と。
『いい煎茶を作る時に、粉茶までは細かくないけど、お茶のカスみたいなもんですげど、いい煎茶を作る時にでる副産物ですから、お味は普通の煎茶より美味しいと思いますよ』と店員さん。
DCF_0167_convert_20090519210341.jpg

なるほどぉ~。新茶のひげ茶は今しか出ない。同じ値段の普通煎茶より美味しいのなら、少々見た目は悪いし、ネーミングもおもしろいけど、コストパフォーマンスはありそうね。ということでご購入。

三重県津市美杉の菅尾製茶工業さんのひげ茶。
200gで600円。普通煎茶の新茶が100g1000円が平均なので、お買い得かと。

茶葉は、細かくて細くて、ふわふわやわらかい。
DCF_0168_convert_20090519210426.jpg

お湯をいれると、結構早くに抽出できます。お味は、香りが高く、味もしっとりしなやか。
普段飲むお茶の値段で、こんなけ新茶煎茶の味を堪能できたら、まぁ合格でしょう。(えらそうなコメントですが)
DCF_0171_convert_20090519210538.jpg


お茶請けは、便秘気味の私に母が即席で作ってくれたお鍋でつくる焼き芋。ホクホク甘いおいもと、香り高い新茶のコンビネーション。う~ん、美味しい生菓子が食べたくなってきたワイ!焼き芋もうまいけどね。
DCF_0169_convert_20090519210502.jpg
  • このエントリーのカテゴリ : 日本茶
てっきりお菓子つくりを楽しんでいるマタニティーライフ後半。

『菜菜スウィーツ』というお菓子本を見つけて、図書館で借りてきた。

野菜をメインに、卵・バター・砂糖を使わないお菓子。マクロビ系である。
その上、お野菜の栄養が摂れるときたもんだ! 妊婦にはうれしいスウィーツである。

なかには、えええ!という野菜とお菓子の組み合わせもありましたが(汗)、取り急ぎ「スウィートポテトケーキ」を作ってみる事に。

とっても簡単に作れて、さつまいも、寒天パウダー、はちみつ&小麦粉&油少々、豆乳だけという材料がヘルシーなのだ。しかも、バターとか値の張る材料は一つもない。

出来たケーキがこれ。
0905153.jpg

スウィートポテトの甘さと素材の味が利いています。余分な太りそうな味もなく、超ヘルシー。
沢山たべても、カロリー心配なし。でもおなかは満足。
0905151.jpg

今日は、少し薄ら寒かったけど、調子がいいので(?)、東方美人をアイスにしていただきました。
5月のさわやかな季節。さっぱり系のお茶がいいですね。
0905152.jpg

  • このエントリーのカテゴリ : フード
最近お茶ブログではなく、お菓子の記録簿になっている私のこのブログ。。。(ーー;)

先日、産後間もない友達の家にお邪魔するのに、マクロビクッキーを作ってみました。
作り方はイタって簡単。
DCF_0148_convert_20090505113543.jpg
粉と水をまぜて、甜菜糖をいれて、少しの油で滑らかにして。。。甘さの足しにレーズンをふんだんに使いました。

やわらかめの生地のクッキーで、レーズンの甘さが入り、素朴な感じの意外としっとり系のクッキーに仕上がりました。

試食のお供のお茶は、凍頂ウーロン。
DCF_0149_convert_20090505113430.jpg

初夏の穏やかな陽気に誘われて、清香系の甘いお茶が進む今日この頃でした。
  • このエントリーのカテゴリ : フード
念願シリーズ第2弾。

CLUB HARIEのバームクーヘン。

名古屋駅の高島屋に店舗があるのだが、いつも行列。フレッシュのバームクーヘンは、30分待ちはザラ。さすがに妊婦は、30分も並ぶことはできず。。。進物用の日持ち(約1週間)するものを並ばずに購入。(いつも夕方行くと売り切れているので、昼間に行くとGETできるのだ!)

普通のバームクーヘンとどう違うのだろう?とワクワクしながら食べてみる。
しっと~り、甘い!ちょっと、温度の高い車の中に入れていたからか?日にちが経っていたからか?なんとなく油が浮いてきている気もしたが、おいしいのには間違いない。

DCF_0152_convert_20090505111837.jpg
やっぱり焼きたてフレッシュが食べたいのぉ~。

お茶はさっぱりとキーマン紅茶。キーマン紅茶独特の香りと、すこしスモークされたような風合いが、バター菓子によく合いますね。

  • このエントリーのカテゴリ : フード
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。