05 月<< 2009年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お茶と関係ないけど、6月16日に元気な男の子を出産しました。

引き続き、実家で子育てに専念します。
母乳で育てているので、恐くてカフェイン系飲料飲めずorz・・・
しばらくこの日記も中断することになりますが、子育てになれれば、きっとまたボチボチとお茶を飲み始めることでしょう。

それまで、しばしの休憩デス。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
中国茶やたらと飲みたい病の発作中です。
ということで、実家に戻ってきてから行きたいと思いつつも、我慢していた地元の茶館『蓮心』さんに「最後のあがき」とばかりに、ランチに行ってきました。

前回行った時のブログ

母と、散歩がてら片道25分のウォーキング。

ちょうど、1年前初めておじゃましてから2回目の訪問。マスター私のこと覚えていてくださいました。

ランチは「点心ランチ」。マスター手作りの前菜にはじまり、シュウマイや水餃子、えびギョウザ、そしておかゆ、最後のデザートのゴマプリンです。ホントおいしいんです!!
DCF_0153_convert_20090612224444.jpg
DCF_0154_convert_20090612224532.jpg
DCF_0155_convert_20090612224732.jpg
DCF_0156_convert_20090612224815.jpg

そして、お茶もランチセットについています。ちょうど新茶の仕入れで上海から戻られたばかりだったので、西湖龍井、白茶龍井の飲み比べをさせていただきました。
DCF_0152_convert_20090612224359.jpg
手前が西湖で、奥が白茶龍井です。

初めて頂く白茶龍井。安吉白茶で使う品種の茶葉を龍井茶風に仕上げたものということです。見た目は西湖龍井よりも青々していて美しく、お味もとっても爽やかで万人受けするお茶です。でもマニアには少し淡白すぎる味かもしれません。

そして西湖龍井は、栗香のしっかりでるこれぞ龍井茶という味がして、とっても美味しかったです。
今年の新茶を飲んでいなかったので、タイミング的にラッキーでした。

そして、マスターが好きという岩茶の「肉桂」をさらりと淹れていただきました。
熱い夏でも『肉桂』のキンモクセイの香りを爽やかに感じられるようにと淹れていただきましたお茶はとってもおいしく、私にとって新しい発見になりました。というのも、私は肉桂にいつもパンチを求めていたので、こんな飲み方もあるんだと、教えていただきました。

そして、最後に頂きましたのは、雲南の野生茶です。名前もないこの野生茶は、見た目は紅茶のように、でも緑茶のように、芽も入っています。
味は雲南の大葉種の特徴のフローラルな味のなかに、釜入り緑茶のような味がまざって、こちらもさらりと美味しいお茶をいただきました。

これらのお茶はすべてランチセットの中に含まれております。お客によって淹れるお茶を替えていただいていると思いますが、ランチもおいしく、お茶も複数種飲ませていただき、とってもお得なランチです。これも田舎の価格だからうれしいですね~。

マスター手書きの箸袋がとってもステキで、もって帰ってきちゃいました。
DCF_0157_convert_20090612224913.jpg


出産まで、あと紅茶のお店も行きたいんだけどぉ~。そろそろおとなしくしておいたほうが良さそうです(^^ゞ
マタニティーライフも最終週を向かえ、一気にだらけております。。。。
どうしても中国茶をいっぱい飲みたい!そんな気がうずうずしております。

梅雨入りをして、じめじめ・・・爽やかなお茶が飲みたくなりました。

そこで、昨年のものですが、きちんと保存してあった「高橋銀峰」を飲んでみました。
DCF_0141_convert_20090611174224.jpg
もともと新茶で頂いたもので、それから一度も封を開けずに、冷蔵庫で大切に保存していたので、袋の封を切ったときに、新茶のいい香りが「ふわぁ~ん」と漂ってきて、これは!と驚いたものです。

キレイな緑に産毛たっぷり。こういうお茶は上投法で淹れるのがツーですね(^^ゞ
ぬるめのお湯を準備して、キレイな茶葉を観察しました。
DCF_0148_convert_20090611174709.jpg

風味もとってもよく、爽やかな味の中に苦味や雑味の全くない緑茶。
煎を聞かせるほど、味が深まっていき、とってもお得な気分になりました。

そして、外はアジサイがとってもきれい。。。。
DCF_0144_convert_20090611174500.jpg
母がアジサイのコースターをくれました。
DCF_0142_convert_20090611174315.jpg


そして今読んでいる本は。。。。図書館で借りてきました。
DCF_0146_convert_20090611174545.jpg
品種マニアな私としては『茶のサイエンス』というこの本、結構ツボに入っています。
茶樹は弱酸性の土壌を好みます。あじさいも弱酸性がいいらしい。

私の実家の三重県津市はつつじとアジサイがとってもキレイに咲き、町の街路樹を色づけしてくれます。(市が進んでこの2つを植えているらしい)
『茶のサイエンス』の本によると、あじさいもつつじも弱酸性の土壌を好むとのこと。
ちゅ~ことは、やっぱり津はお茶の産地しては理にかなってるちゅ~ことになりますな。

DCF_0143_convert_20090611174404.jpg

  • このエントリーのカテゴリ : 緑茶
卵・砂糖・バター・牛乳を使わないヘルシーなおやつ

①ひよこ豆スナック(シナモンシュガーオリジナル)
DCF_0150_convert_20090611174742.jpg

②貧乏ブラウニー(だって、バターも卵も入ってないんだもん(^^)/~~~)
DCF_0199_convert_20090607203435.jpg

③きな粉のチーズケーキちっく(!?)
Image002_convert_20090522113005.jpg

④コーンミールのパンケーキ (全粒粉でもできるよ)
DCF_0164_convert_20090611175150.jpg

⑤そば粉クレープ
SBSH0175_convert_20090611175235.jpg

  • このエントリーのカテゴリ : フード
ちょっと気になったスウィーツレシピにチャレンジ。

ブログのレシピ本「YOMEカフェレシピ」から、ほうじ茶ソースのきな粉プリンです。

作り方はとっても簡単で、牛乳ベースにきな粉、生クリームを入れて、ゼラチン入れて、冷やす。
シロップの代わりに、ほうじ茶に砂糖を入れたものをいれる。以上です。

ゼラチンがなかったので、寒天で作ったので、分量を適当にしてしまったから、ちょっと硬いプリンになってしまったけど、きな粉風味が美味しかったよ。
DCF_0142_convert_20090609164148.jpg
ほうじ茶ソースは、もっと濃いほうじ茶を使えばよかったな~っと。

先日のTさんのシフォンケーキもそうだけど、お菓子の中にお茶の香りと風味を入れるのは、とっても難しいことなんだなぁ~と思いました。
  • このエントリーのカテゴリ : フード
お知り合いのTさんにシフォンケーキを送っていただきました。
今年の2月にもステキな中華スウィーツを送っていただきました。そのときのブログはこちら

今回は、中国茶を使ったシフォンケーキということで、とっても楽しみにしておりました。
前回も本格的なお菓子&ラッピングで、感動の嵐でしたが、また今回もすんごくステキなシフォンケーキとラッピング、なによりもTさんのお人柄の良さがにじみ出る、いやあふれんばかりに感じられるものを頂戴してしまい、恐縮しております。

ビックリしたのが、シフォンケーキはホール分、なんだけど8等分されていて、1つずつ違う茶葉を使ってケーキを焼かれていらっしゃいます。ということは、8種類の中国茶のケーキが楽しめるわけです。

も~感激!の嵐パート2です。

DCF_0200_convert_20090607203533.jpg
こんなステキなラッピングで、ホイップクリームも瓶詰めしてくださっています。

DCF_0202_convert_20090607203654.jpg
ひとつひとつご丁寧にどの中国茶のケーキか分かるようにシールをつけてくださっています。

DCF_0201_convert_20090607203617.jpg
そしてこんなステキなお品書き。

この時点で、心わくわく心臓バクバク食べずにはいれません。

さすがに一気に食べると太ってしまうので、日にちを分けて全種類頂く事が出来ました!

①1日目
DCF_0203_convert_20090607203756.jpg
左から、茉莉龍珠、八宝茶、大紅袍
どれもめちゃくちゃおいしいのだけど、ビックリしたのは八宝茶。普段お茶としては私はあまり飲まないお茶なんですが、クコ、菊花、なつめなど8種類の薬膳食材プラス緑茶がとてもきれいな色をしていて、その微妙はお茶の味と甘さがシフォンケーキにしっくりなじんで、すごくおいしく感動しました。
そして、茉莉龍珠は、ジャスミンの香りがとても高く、ケーキの甘さに負けることなく、香りをはっしておりました。
大紅袍は、お茶好きとしては、「岩茶の王道・大紅袍」をケーキにってもったいな~と思いましたが、甘いケーキに王道らしい香ばしさがしっとりとしhたシフォンケーキの生地にマッチしてオトナなケーキになっておりました。

②2日目
DCF_0205_convert_20090607203908.jpg
東方美人と文山棒茶

東方美人は、蜂蜜を足していただいたケーキです。東方美人は私はマジカルな色んな味を持ち合わせたお茶と思っています、いろんな意味で。頂いていると、紅茶とは全然違うし、花やフルーツの色んな味が蜂蜜の甘さとマッチングして、これまたオトナなスウィーツというイメージを持ちました。

文山棒茶は、私が以前Tさんにお送りしたお茶を使っていただきました。
そのときのお茶の紹介は、
こちら
焙煎茶なので、香ばしさがグゥ~な甘さ控えめのシフォンケーキです。

③3日目
DCF_0207_convert_20090607204038.jpg
左から、黄枝香、雲南金芽、正山小種

これまた、『黄枝香なんぞ単叢をお入れになって・・・』をつぶやいたケーキです。
単叢も香りが高いので、あま~い香りがクセニなる。でもお茶の味そのものだから、砂糖やバターの甘さとは違って自然な甘さが最高っす!

雲南金芽は、ミルクティー仕立てです。しっとりとした生地のなかに、金芽が沢山使われていて、立地な気分になりました。これまたオトナなケーキです。

正山小種は、しっかりと松のいぶし香りが残っていて、中国茶好きとしてはかなりいけているケーキでした。いぶし香りがこれまたオトナな感じでした。

そして、この日に一緒に頂いたお茶は、先日の茶葉交換会で頂いた、サングリ農園のダージリン・オータムナルです。
DCF_0206_convert_20090607203947.jpg
シフォンケーキのほんのりした甘さを生かすため、自己主張の比較的少ない紅茶を入れてみました。
オータムナルなので、味に深みがありますが、ファーストのようにいろ~んな味がするものではないので、落ち着いて味と表現すればいいでしょうか。
おいしいシフォンケーキを十分に引き立たせてくれるそんな存在でした。

またまたお茶を通して、すばらしい感動&発見がありました。お茶好きでよかった(^^ゞ
そしてTさん、ステキなケーキをありがとうございました。

DCF_0208_convert_20090607204121.jpg

  • このエントリーのカテゴリ : フード
先日、地元の新茶ひげ茶を頂きました。

カフェインが気になるのでガボガボ飲めませんが、テレビで「水出し緑茶」を紹介していたので、このひげ茶を使って、私も水出しにしてみました。

水出しといっても、と~っても簡単。
普段の茶葉の量の倍を使って、水をいれ、3分待てばできあがり♪という紹介だったので、真似してみました。 テレビでは玉露を淹れるときのように少量の水で淹れておりましたので、玉露用の急須なんぞ高尚なものは持ち合わせておりませんので、中国茶の蓋碗でいれてみました。
DCF_0197_convert_20090604115234.jpg

香りは、口の中で広がります!(湯気がでないので、飲む前は香りは低いですね(^^ゞ)
そして、緑豊かな甘さ(どんな甘さ!?)がお口の中で広がります。

ちょっと茶葉を淹れすぎたので、渋みが出てしまいましたが、2煎目は甘さがほどよく、さわやかな緑茶の味わいを楽しむ事ができました。ちょっとのりっぽい味したけど(爆(*^。^*))
DCF_0198_convert_20090604115317.jpg

水出しにすることによって、カフェインの抽出が抑えられます。
参考:お茶の成分の抽出の仕方

カフェイン(=苦味)は、温度、時間に比例して抽出されます。なので、低温かつ短時間の抽出だと、熱湯で淹れるよりも茶液の中に抽出されるカフェインの量が控えられます。

ということで、水出しのお茶は、実際にはカフェインの量がどのくらい含まれているのか?手元で調べる事が出来ませんが、この理屈から言えば、妊婦にでも安心して飲めるお茶になるはずなんですね~。

たまたま今は初夏ですから水出しのお茶も楽しめるのですが、これが冬だったら、水出ししたお茶をレンジで温めるのか?なんて疑問も出てきましたが・・・(^^ゞ

  • このエントリーのカテゴリ : 日本茶
茶葉交換会で頂いた紅茶をせっせと頂いております。

今日もフレーバーティー。今回交換させていただた5種類のうち4種類がフレーバーティー。結構みなさんお好きなようで。

今日のお店は、ムレスナ ティーハウスという京都にあるスリランカのムレスナ社の紅茶を扱う専門店です。あ~このお店も知りませんでした(ーー;)

そこのオリジナルブレンドということで、ヌワラエリアをベースに、サワーカップ、レモン、マンゴー、ホワイトピーチのフレーバーです。果汁をつけているようで、茶葉以外のものははいっておりません。
DCF_0194_convert_20090601181222.jpg

このフレーバーティー、かなり濃厚な香りがしております。お味も甘く、濃厚です。

この手のフレーバーティーは、私はアイスにしていただくのが好きですね。
DCF_0195_convert_20090603211554.jpg
*写真が横向いてますが・・・(^^ゞ

ふ~ん、普段飲んでいないお茶を頂くのは、かなり楽しいものですな。(少量ずつ楽しめるのがいいね)
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶
茶葉交換会で頂いた紅茶を早速飲んでみることにしました。

頂いた5種類の紅茶の中でひときわ目を惹いたパッケージがありました。

かわいらしい猫のパッケージ・・・今まで聞いたことのないお店の名前→
カレルチャペックの紅茶です。
DCF_0197_convert_20090601181036.jpg

ネットで調べる前に飲んで見ました。頂いたものは「イングリッシュガーデン」というフレーバーティー。
封を開けると、結構香り高いウイスキーに似た香りが立ち込めました。
妊娠中なので薄めに入れて、アイスにして飲んでみました。
すっきりとした甘さで、イングリッシュガーデンを思わせる花の香りがするティーバック紅茶でした。

お茶請けは、先日作っておいたおからのパウンドケーキです。
DCF_0199_convert_20090601181118.jpg


イングリッシュガーデンの詳細はこちら。

こちらのお店、山田詩子さんという絵本作家さんでもある方がオーナー。だから、商品パッケージがとってもかわいいのだ!
ベーシックな紅茶、フレーバーティーなどが沢山あって、そのパッケージに使われている缶やボックスがとってもかわいい。知らなかったけど名古屋のラシックにもお店があるんだってさぁ~。
ちょっと贈り物にしたり、お気に入りの缶の紅茶を見つけたりするのが面白そうです。
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。