08 月<< 2011年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三重県の山深いところに大台町という町があります。緑豊かで、雨もたくさん降る地域で有名ですが、お茶も有名です。

地元では大台茶として親しまれているお茶ですが、きっと全国区になれば、伊勢茶とひとくくりにされてしまうお茶です。。。(悲しい現実)

父の親戚が大台町に住んでいるので、今年の新茶をいただきました。番茶とのことですが、とっても甘くて、いいバランスです。
DCF_1234.jpg

あまり精製されていないお茶ですが、それが反っていいのかもしれません。
テアニンの甘さを十分に感じることができるし、渋みもいい感じでてできます。番茶にしておくのがもったいないようなお茶。地元で手に入るお茶はやっぱりいいですね。

お茶請けは、豆腐白玉ぜんざいです。
豆腐で白玉粉を混ぜて作った団子、とってももちもちぷにぷにです。
DCF_1236.jpg
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 日本茶
今日は中秋の名月、とってもきれいにお月様がみれました。

中秋節といえば、月餅。今年は手作りにしてみました。
本場の中国の月餅は、とってもどっしり、カロリーの高いラードや砂糖がたくさん入っていますが、私が作ったのは、白砂糖は使用せず、きび砂糖を少量。油分はなたね油少々、あんこもてんさい糖を少量しようし、甘さはプルーンでほのかに。とってもヘルシーです。
DCF_1241_20110912231954.jpg

お茶は、清香の鉄観音です。
2種類飲みました。
DCF_1240.jpg
DCF_1243.jpg
写真では見ずらいですが、上と下を比べると、あきらかに下の方がいい外観をしています。
上のものは、機械摘みで、茶葉が硬く、もろく、味がとても単純でした。
下のものは、上の比べるとですが、おいしくいただけました。が、なんか違います。

もっとおいしい鉄観音が飲みたくなりました。
そして、福建省安溪の産地の特徴を復習しなければ!と思ったところです。
その内容は次回に。



  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶
先日、名古屋ミッドランドスクエアのB1階にある「Fortnum & Maison」でお茶をした時の事。
私は大好きなラプサンスーチョンを注文しました。

そしたら、店員さんが「かなりスモーキーフレーバーの強いお茶ですが、大丈夫ですか?」と聞いてきた。もちろん私は「はい」と答えました。

きっと一般的にはストレートで好まれないこのお茶。だけど私はこの燻した感じだ大好き。いかにも本物~って感じがするのは私だけでしょうか。
DCF_1220.jpg

ちょっと忘れかけていた正山小種の知識を復習するため、昔のノートを引っ張り出してみた。

起源は、16世紀中期~。紅茶の起源になったお茶。
福建省武夷山市桐木村で栽培、製茶。松でいぶしたもの。
1煎目は松の香りが、2~3煎目は桂圓(龍眼)の香りがする。

桐木村以外で製茶されたものは、外山小種といわれ、また松の木以外でいぶされたものは煙小種とされ、主に輸出用。

などなど、この程度の知識は周知の通り。なんだか、もっと色々と知りたくなりました。
昔現地にいって、お茶を買わせてもらったことがありますが、もう一度行って、製茶体験してみたいな~。
色々文献を読んでも、実際にやってみたいとみてみないと分からない。
といっても、すっかり中国語を忘れてしまっております。

さて、今日のお茶うけは、失敗作のシナモンロール。
パン自体が固くなってしまいました。手ごねはまだまだ修行が必要のようです。
DCF_1221.jpg

  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。