07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾お茶紀行~その4~

さぁ、旅も3日目《6月1日(日)》

本当は、東方美人の産地「新竹県北埔」に出かけるつもりでいましたが、東方美人の新茶が出回るには少し早い時期ですし、雨だし、遠いし・・・(電車とバスを乗り継いで、しかもバス乗り換えあるし・・・)ということで、予定変更。

台北市内のお茶どころと言えば、「猫空」です。台北の東南の位置する「猫空」は木柵鉄観音の産地として有名ですが、猫空ロープウェーができたことで、ちょっとした観光地となっています。

どんより曇り空なかMRTに乗って、出発です。

市内のMTRを乗り継ぎ、木柵線「動物園」駅に到着。
そこから、ロープウェーの「動物園」駅まで300mほど歩きます。。。。。と、そこには人・人・人ぉ・・・(ToT)/~~~ 朝10時だというのに、もうすでにロープウェーに乗る人で行列ができていました。「日曜日だった・・・」ちょっと後悔です。
maokong st

maokong st2


観光バスで乗り付けてくる観光客や、家族連れ、カップル、友達同志など色々。。。そんななか私一人寂しくロープウェーに並びました。待つ事30分。乗れました。。。結構急勾配の激しい山の中ゆら~りと登って行きます。山の上からは、台北市内を眺める事ができます。天気がよかったらな。。。と。でも台北101という高層ビルも見えたし、OKとしましょう。
maokong st4


乗る事20分ほどで、猫空駅に到着です。
そしたら、まだ朝だというのに帰りのロープにすごい行列。。。(>_<)帰りが思いやれます。

【旅のヒント】
猫空ロープウェーは、なんと月曜日は運休です。週末は人が多いので、行列覚悟です。
ロープ以外にバスと手がありますが、その話は後半で。。。


駅を降りると、観光案内として道しるべが。
maokong.jpg

お目当ての茶芸館めざしてテクテクと歩きます。ち~らほ~ら茶畑が見えますが、道路の脇にある茶畑は、草ボウボウで手入れがされていませんね(>_<) もっと茶畑広がっているのを期待したんですが。。。どっかにあるのかな?きっとあるんだろうよ、木柵も広いからね。
chayuan.jpg

chayuan2.jpg


茶園管理の看板がいっぱいありました。
chayuan3.jpg


駅からまずは左手のほうへ歩きます。道は一本道なんで分かりやすいですが、ロープの駅には観光地図があるので、貰っておくと便利ですね。

台湾初心者の私は猫空で一番有名だと思われる「激月」にお邪魔しました。すぐ隣にある「寒舎」の気になったのですが、お昼前だったので人がいなく、入るのに勇気がいりましたので。。。「激月」にしました。
yaoyuan.jpg

yaoyue.jpg

この道を降りていくと・・・あります。
寒舎も激月の横にあります。
hanshe.jpg


まず最初にカウンターでお茶を選び、お会計を済ませます。お盆に載せた茶器とお茶を係りの人が持って、好きな席に案内してくれます。
1煎目を淹れてくれる間、たわいもない話をしながら、お茶ができあがるのを待ちます。

私が選んだお茶は「陳年鉄観音」。ヴィンテージものを好んでいるわけではないですが、お店のオネーチャンに進められまんまと購入してしまいました。12年ものだそうよ。
chayi.jpg


さぁ、お茶をいただきましょう・・・お味は、まぁいいんじゃない!?ご想像にお任せします。

あれよあれよと言う間にお昼の時間になり、普通に食事をする人が増え、ゲームをしているカップルなんぞもいてにぎわってきました。あいにく雨が降り出し、青々とした茶畑はかすんで見えましたが、雰囲気は楽しめたでしょう。


【お茶を求めて~旅情報~】
激月
台北市文山区指南路3段40巷6号
TEL:2939-2025
24時間営業 (時間帯によりお湯代が変わります) *お食事もできます。
猫空ロープウェー「猫空」駅出口を左に 徒歩20分。
猫空を循環している観光バスもありますが、イマイチよく分からないので、景色を見ながら歩きましょう。

【マル秘情報!?】
私がいった時間はお昼の12時前
一人だったので、お湯代を少し安くしてくれました。
70元→63元に。

陳年鉄観音(1両)@330元 残った茶葉は持って帰れます。
茶缶に入っているので、便利です。


激月をあとに、来た道を戻る形でトコトコと歩き始めます。
台北市鉄観音包種茶研発推広中心という博物館へ。。。製造工程の資料があるというので。
bowuguan.jpg


が、行ってみて???? 誰もいない。

製茶の機械が置いてあるだけ、お茶の説明は文字とお茶の箱と「何年前の?」と思われるサンプルのみ。はぁ~期待はずれでした。
製茶の機械が一通り展示してありました。
machine.jpg


駅に戻り、今度は西の方へ歩く。「張迺妙茶師記念館」へ。
張迺妙茶師記念館HP

張迺妙はその昔、福建安溪から鉄観音種を持ち込み、製法を伝え、木柵鉄観音の祖とされている人で、その子孫が記念館を作ったそうです。その隣には茶館がありました。

記念館に入ってみると、1階は売店になっていて、2階が展示室でした。2階の展示室は有料で、確か50元ぐらいだったと思います(すみません忘れました) さっきの博物館があまりにも期待はずれだったため、お金を払って期待はずれだったら困るので、ココはパスしました。
鉄観音を1杯いただきましたが、大変おいしかったです。

ここでお茶買うか?と思ったのですが、すでにパッケージされているものだったので、中身が見れず。。。断念しました。でも本当に美味しかったです。

ここで雨もだいぶ降ってきましたし、歩きつかれてお腹もすいて死にそうだったので、下山することに。
ロープウェーはすごい人が相変わらずならんでいます。バスに乗る事にしました。

バス停はロープの猫空駅の前の道を挟んで向側の「三玄宮」というところから乗れます。
「棕15」という番号のバスに乗ればMTR「動物園」駅まで戻れます。時刻表はありませんが、15~20分間隔ぐらいであるとおもいます。運賃は15元。ロープは50元なので、かなり安いのがお得ですが、このバスがとっても難関なんです。日曜日だったので、人が多く、私は座れませんでした。
道は山道なので、信号もなく、クネクネ道をひたすら降りて行きます。空腹で足も疲れていて、クネクネ道。車に酔いそうになりました(>_<) 乗車時間は20分ぐらいなのですが、クネクネ道なので、つり革に捕まるも体が揺さぶられ、ちょっとしんどかったです。
バスは、体調の悪い方、足腰の弱っている方にはオススメできません(笑)

台北市内に戻って、あまりにも疲れたので足裏マッサージへGO!
以前台湾でマッサージをしたことがありましたが、すんごくいたい!という記憶しかなかったのですが、今回お世話になりました「楽天マッサージ」さんは、ソフトなんだけど、しっかりツボをおさせていて、ソフトな痛きもちい~ぃ!を経験できました。

30分500元をクーポン利用で、450元に。
クーポンあります♪

ウソのように足が軽くなり、ドミトリーへ戻り、宿泊客の皆さんとオーナーさんで近所の海鮮料理屋さんへ。ここの秋刀魚が美味しくてね。普通に塩焼きしてもらって、油のって、はらわたが甘くておいしい!こんな新鮮な秋刀魚久し振りぃ~。マーボー豆腐もすごく美味しくてビールが進む。旅っていいね。
sanma.jpg

mapotoufu.jpg


帰り道、お土産のパイナップルケーキを買いに。閉店間際だったけど、心よく販売してくれました。
ここのパイナップルケーキは、賞味期限が製造日より20日間です。1個でも購入できます。
pine.jpg
24個入りで240元。

【お茶を求めて~旅情報】
李製餅家
林森北路156号(x南京東路の交差点す)
11時から21時まで。


【旅のヒント】
李製餅家から南に歩く事3分。右手林森北路沿い「欣欣百貨店」があり、その地下にちょっとしたスーパーマーケットがあります。お菓子やラーメン、ビールなどのちょっとしたお土産にいいかも。
夜10時まで営業。


明日はいよいよ台北市内の茶商をめぐります!


スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。