07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾お茶紀行~その5~

6月2日(月曜日)第4日目。

この日は、朝からお茶屋をめぐる。。。台北市内のお茶どころを。

地理的に便利なように動きました。出発はMTR中山駅。西にテクテク歩く事20分ぐらいかな。
重慶北路二段の道を北へ歩くと「朝陽茶葉公園」があります。茶葉公園なのに、茶樹はなく、各種お茶の製造方法が看板で説明してあるだけの公園です。
teapark.jpg


その公園の向かいある「有記名茶」へ。
youji.jpg

明るく広い店内は、ギフト用のお茶、袋入りのお茶、茶器などが陳列されています。その奥の部屋は、焙煎する工場になっています。
youji2.jpg

teapot.jpg
昔の木箱の印刷用デザイン

ちょうど、春の包種茶の茎取り作業をしてました。
「今年の春茶はどう?」なんて話をしながら、たわいもない話を。。。(中国語があいまいなので、たわいのない話しかできないんです。。。)
kuki.jpg


焙煎のカゴと炭の加減などの説明を解説してみらって・・・アンティークな雰囲気がとっても気に入りました。
sumi.jpg
炭を入れる穴
sumi2.jpg
お茶を入れるかご、↑の穴の上にこのカゴを乗せて焙煎です。

試飲は、「奇種烏龍茶」です。清香包種茶を焙煎したものです。ちょっとめずらしいので、早速試飲です。今年の春茶だそうです。きちんと清香の爽やかな香りを残しつつ、どこかのど越しが存在感があって、でも紅茶とは全然ちがって。。。なんていうんだろうか?爽やかな甘いお花畑?(→やっぱり意味わかんない(^_^;) kikoさん、ご購入です。

そのほか、変わったものはないの?と聞くと、普段スタッフが飲んでいるブレンドの烏龍茶と陳年の烏龍を飲ませてくださいました。
shiin.jpg


お店の雰囲気が明るくキレイなので、とっても気に入りました。

次は、迪化街へそのまま歩いて移動。
ココは漢方や乾物のお店があり、建物もレトロ感ばっちり(^^)v こういう街好きです。
dihuajie.jpg

漢方以外にも中国のハーブティーの材料になるものや、ドライフルーツなど売っています。
kanpou.jpg


お土産にもってこいのからすみ。。。空港ではとっても高いというので、ここで買うと安いです。
小さいので250元。塩辛いから小さいので十分かと。

お茶請けのドライマンゴーも買いましたが、お目当てのお店が工事中。別のお店で買う事に。
台湾産のマンゴーとフィリピン産のマンゴーがあります。F産は安いけど、砂糖の味がします。120元/斤くらい。台湾産は、マンゴーの形がまだ残っていて(もちろんスライスしてありますが)味も濃厚。250元/斤ぐらい。

フラフラ怪しい漢方を眺めつつ、ふとプチMYブームの雑穀が目に留まる。日本より安い!中国よりも品質良さそう。実際に雑穀の外見が全然違う。赤米、キビ、そばの実をご購入。。。ああああ・・・重たい(>_<)

迪化街から再び重慶北路に戻り、北上します。 カルフール(トイレ使えます!)があって、1ブロックぐらい北にいくと「林華泰茶荘」があります。老舗の卸売りとして有名なところですね。試飲ができませんが、卸売りということで若干お安く買えます。
lin.jpg

lin2.jpg

多くな缶の上にお茶の名前と価格が書いてあります。お店の入ってすぐの部屋は普通のお茶。奥の部屋はちょっと値段が張るお茶がおいてあります。せっかく来たのだから、高い部屋へGO.種類は少ないですが、各お茶3ランクあります。
高山茶の場合、1200元/斤、1600元/斤、2400元/斤とあります。

とあるお茶好きの方のブログを拝見し、高山烏龍茶(杉林溪)の1600元のものは美味しい。とのコメントを拝見し、(たぶん)同じものを購入しました。基本は1斤買いですが、少し日本語の話せるお兄さんに聞いてみたところ、150g(=4両)でのいいよ、とのことでしたので、4両買いました。
ココでは他に、東方美人を買いました。東方美人、3ランクを並べてみると、外観からその違いがよ~く分かりました。

荷物が多くなってので、林華泰茶荘の斜め向かいの位置からバスが出ていますので、そこからMTR中山駅に戻りました。林華泰茶荘からMTR双連駅までは微妙な距離です。歩くとちょっと大変かもしれませんね。バスの番号は忘れてしまいましたが(すみません)、バス停にはいくつか路線があり、どこに止まるか書いてある看板があります。それを見れば大体日本人なら漢字がわかるので、問題ないかと思います。バス15元。

MTR中山駅に戻り、ドミトリーに荷物を置いて、またMTRに乗って、今度は木柵線大安駅へ。

お目当ては「茗心坊」。焙煎がオリジナル手法ということで、とっても気になっていたお店です。大安駅の出口は1つしかなく、その出口をでると目の前が大通りです。出口のすぐ目の前にある横断歩道を渡り、右手(=東に)へ行くと「茗心坊」があります。入り口は狭いですが、入ってすぐ左手に老板の林さんが座ってみえます。奥はカフェになっていて、焙煎機も置いてあります。
meixinfang.jpg

meixin2.jpg


笑顔で林さんが迎えてくれて、ちょうどお目当てだったプーアルの焙煎茶を飲ませてくださいました。
ちょっと出がらし気味だったので、新しいのを淹れてくださいました。高密度焙煎法について色々と教えてください、他の焙煎とどう違うのか?と教えてくださいます。

プーアル茶の焙煎というのは、他には少なく気になっていたのです。ただ林さんは元々烏龍茶の焙煎がお得意のようです。鉄観音のオリジナル焙煎を飲ませていただきましたが、香りがよく、とってもやさしい味がしました。が、ちょいと他のお店よりもお値段がたこうございました(笑)でも本当においしいです。

気になっていたプーアル茶の青餅8582の焙煎茶を買って、お店を後に。。。。
このお茶の感想は、1煎目2煎目は驚きは感じられませんでした。。。煎を重ねると不思議な甘さがあります。蜜のような。。。そしてどこか懐かしい。プーアル茶には変わりないのですが、焙煎をすることによってその奥の深さというか、「お茶ってこんなに変わるのね!愛される人に可愛がってもらうと、こんなに味が変わるのね。。。」ということにきづきます。よく「ペットは飼い主に似てくる」って言いますが、そんな感覚でしょうか。林先生だけでなく、お茶を作る人、製茶をする人、そのお茶を淹れる人によって、お茶の味って変わるし、すごく美味しくもなるし。。。本当不思議です。お茶の魅力再発見!

お店を出たら雨がまた・・・お店の前の大きな道「信義路」をひたすら東へ。
次は、「意翔村茶業」です。
信義路を少し歩きますが、だいたい15分ぐらいでしょうか。。。kikoよく歩きます(笑)
新生南路にでたら、それを北(=右)に曲がります。2つめの角を右にまがると「意翔村茶業」があります。
こちらも、「え!お店?」というぐらい殺風景です(すみません(^_^;)。
あいにく老板の陳先生は東京へ遊びに(!?)行っていらっしゃて、お留守でしたが、鐘さんというおじさんが接客してくださいました。

まずは「古典美人」を試飲。これを飲ませていただきながらお茶のことを色々と伺いました。そしたら評茶の準備をはじめてくださいました。ここのお店のラインナップを「評茶」させてくれるのです。
yi.jpg


東方美人、肉桂、高山茶などなど、数種類を全部評茶させてくれます。ここで気になったのは、「肉桂」です。台湾で栽培し、粒状に丸まった烏龍茶です。確か上海のお茶チェーン店で肉桂の丸まった烏龍茶を見たことがあります(福建のお茶屋です)。その時の私の試飲の印象は、「マズッ」でした。
しかし、意翔村茶業の肉桂は、不思議な味がします。あま~く、とろ~んとした感触で、岩茶の肉桂のように強さは感じられません。岩茶の肉桂も台湾のこの肉桂も品種的には同じだそうです。ただ台湾育ちで製茶の方法が違います。美味しかったんだけど・・・・お話をしていく中で、実は私は台湾の紅茶を探しているというと、「あるよ!とっておきが!」と奥から「紅玉」を出してきてくださいました。

もともとアッサム種のものを台湾で改良をし、南投の魚池郷で栽培されたもの。あの日月譚紅茶ですね。鐘さんが、「私の友人が日月譚で購入してきた紅茶があるんだけど、同じ品種のものなんだよ~見てみ!」とキレイな缶に入った日月譚紅茶を見せてもらいました。う~ん、目の前の紅茶と全然ちがいますね。意翔村の紅茶は茶葉が切れていなくて、ヨリもしっかりしていて、ツヤがあります。飲ませていただき、「これ納得!様々な花の香り、すずらん系なんでしょうかね。」速攻お買い上げ。
実は台北市内の別のお店で紅玉を見せてもらいましたが、鐘さんに見せていただいたお土産レベルの茶葉でした。

これでひとまず満足。肉桂も買いたかったけど、お財布と相談。。。。古典美人と紅玉を購入し、次のスポットへ。。。

長くなりそうなので、つづく。
スポンサーサイト

コメント

>kazeさま
それはそれはよかったですね~(^_^;)
確かにあそこの冬片と不知春は美味しいです

kikoさん、無事に上園茶荘までいけました。アドバイスありがとうございます。
一人ではなくツアーの人たちといきました。人数が多かったかもしれません。
昼食が、まだだったので丸林魯肉飯まで案内していただきました。始まりの説明は一緒でした。冬片と不知春を購入しました。色々ありがとうございました。

>あるきちさん
私タダの貧乏性!?少しでもお茶にオカネを回したくて節約して歩いてます。でも「時は金なり」なんですけどね(笑)初心者の私は、どこのお店にいっても烏龍茶、包種茶、東方美人しか見つけられなかったので、この紅玉はとっても貴重です。

すごい!

kikoさん、私並みによく歩かれますね~
まさに、これ、私が回りたかったコースです。
私は途中に上園茶荘を挟んで撃沈しましたけど(((((^^;
それにしても、意翔村の紅玉とは渋いセレクトです!
言ったら色々出てくるんですねぇ、あのお店。

kaze様
ご訪問有難うございます。蓮心さん、近いうちにお邪魔したいです!別途メールを送りますので、ご参考になさってください。

はじめまして。知り合いの蓮心さんから、お茶を飲みながら入力しています。来月台湾にいきます。今、色々とお茶屋さんについて調べています。ぜひ上園茶荘へ、訪問したいのです。ちょっと場所がよくわかりません。kikoさんは、どうやって行くのがいいと思いますか?教えてください。。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。