05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でらうま烏龍

先日京都へ行ったので、京都の中国茶処も尋ねてみました。

茶友にお付き合いするつもりで「お茶は買わない!」と心を決めて行きましたが、みごとにはずれ(>_<)
すごいお茶に出会ってしまった・・・

まずは一軒目・・・・「岩茶房」さんです。東京がメインの岩茶房さん、京都に支店があるので、行ってみました。

とっても雰囲気の良いお店でしたが、講座が始まる前でしたのでゆっくり喫茶を楽しむ事はできませんでしたが、夏のセールをやっていたので、お得にゲット。こちらはまだ試飲していないので、レポートはまたあとで。

その日は講座があったのですが、なんと岩茶房のオーナーの左能さんが講座をされるとのことで、京都にいらっしゃっていました。
左能さんが書かれた「岩茶のちから」を読んでいた私は、ちょっと有名人にあった喜びを感じたのでありました。

そして、2軒目「ラ・メランジェ」さん。
あまり情報がなく、「な~んとなく」行ってみたのですが、私の考えが甘かった(>_<)ゴメンナサイ。
すごくマニアなお店でマジ気に入りました。

オフィスビルの1画にあるお店は、入るやいなやお茶の図書館。中国の中国茶の本や、英語のお茶の本、日本のお茶の本、とにかく一杯!!!!お茶よりまずその本に目が行き、はしゃいでしまいました。

お茶を色々と物色していたら、気のいいオーナーさんが「さっき九曲紅梅の試飲をしていたのよ、よろしかったらどうぞ」と言って、お茶を飲ませていただきました(普段は試飲とか無いお店なのに・・・)

と~ってもおいしくて、チョコの香りがしましたぁ。お茶を飲みながら、色んなお茶の話をしてくださいます。私たちも遠慮せずに色んなことを質問してしまいました。始めて訪れたお店で、しかも閉店時間を過ぎているのに、快く接客してくださり、試飲も、そしてプチレッスン(!?)もしていただいて。。。めっちゃラッキーでした。

そこで購入したお茶の一つにネパールの烏龍茶があります。
DSC04069.jpg


最初「え!」と思ったけど、とにかく珍しいものをということで、購入してみました!
ぶっちゃけ味は期待していなかったです。ダージリン紅茶みたいなのかな?と思っていました。
ファーストとセカンドがあったので、1つずつ茶友と半分ずつわけわけ・・・サンプルの香りがすごくよかったんです。

待ちきれず今日暑かったけど、淹れて見ました、ファーストを!
DSC04070.jpg
2007 First Flush Jun Chiyabari Tea Garden 外観はダージリンよりも太くしっかりとしています。

すごい!すごい!すんご~い!!

お湯を注いだ瞬間に、目の前が森の中にいるような、緑の香りというよりは、きのこの香り?花の香り?とにかくいままで感じた事のない香りです。
DSC04071.jpg


1煎目:森の香りが鼻からのどに~、丸い舌触りですが、すっきりとしたのど越し。そして香りがのどに残ります。すごすぎます!こんな香り、感覚初めてです。

感動しすぎで、2煎目以降あんまりよく覚えてないです(笑)
このお茶は買った甲斐がありました。ダージリンでもなく、中国の烏龍茶でもなく、新しい烏龍茶です。期待以上、お値段以上。
DSC04072.jpg
茶殻は、やわらかく色も黄緑と赤といろいろです。

今度はセカンドを飲んでみるのがチョ~楽しみです。


岩茶房さんのHP

ラ・メランジェさんのHP
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶

コメント

>田中様
ご訪問ありがとうございます。三重県は私の実家です。これも茶縁ですね。今後ともよろしくお願い致します。

初めまして、ブログを拝見いたしました。三重県尾鷲で手作りのウーロン茶を作っています。お宅が飲んでいる、お茶にはおよびませんが、1度覗いてみてくれませんか?お茶作りも体験なさっていることに興味をひかれました。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。