07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーアル茶②

最近プーアル茶の関するブログを書いているが、決してプーアル茶が一番好きな中国茶ではなく、単にとっても不思議なお茶だと私自身思っているからです。


今日は、プーアル茶の生茶について:

プーアルには生茶と熟茶があるのは前回お話しました。

では、生茶とは一体!?
⇒ある意味生ですが、本当に生ではありません!!!!


お茶摘みをして殺青(発酵を止める)をして乾燥させたもの⇒晒青緑茶という。

これを、等級ワケして、蒸して、餅茶にしたものを「生茶」といいます。

だから、散茶の生茶は存在しないわけ。
晒青緑茶もプーアル生茶じゃないわけ。

「蒸して餅茶にした」という工程。口では説明しにくいです。

晒青緑茶は乾燥して、パリパリ。だから蒸して柔らかくするのです。
餅茶にするために、まず等級ワケした茶葉を按配よくプレンド。
餅茶にしたとき、表面が「美しく」見えるように。
実際には、等級の悪い餅茶の内部の茶葉は茎ばっかりだったりする。。。というのは↑の工程があるからです。

もう一つ、自然酸化を促す効果もあります。
蒸して、型にはめて餅茶を作った後、最初室内で干して、その後天日干しをします。その時、適度な水分を残します。茶葉のポリフェノールの酸化酵素は生きているので、自然酸化を促します。

この時、機械乾燥をしてしまうと、年数がたつにつれて苦味が増すため、良いお茶には変身しません。

生茶の新茶は、刺激を感じるぐらいの収斂性があったほうがいいといわれています。新茶の時からまろやかなお茶は保存に適していないそうです。

生茶を何年か保存をすると、良いお茶の場合ビックリするほどフルーティーで、マジカルな味(どんな味ヤン?)がします。

これプーアル茶!?って思います。


日本ではこんなおいしいプーアル茶を飲んだことはございません!というぐらいの衝撃でした。

生茶の年数がたったものと、熟茶はどうして見分けられるか?


簡単です。

熟茶は全てにおいて色が濃い。生茶は濃くてもツヤ・透明度があります。生茶の湯色は、どちらかといえば黄緑です。こういう感覚は言葉では表現できず、また写真でもわかりにくいですね。。。。

教室で、年代ごとの生茶を見比べてみました。
写真じゃさっぱりわかりませぬ。
pu-aru namacya

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 黒茶
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。