05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あじさいと高橋銀峰

マタニティーライフも最終週を向かえ、一気にだらけております。。。。
どうしても中国茶をいっぱい飲みたい!そんな気がうずうずしております。

梅雨入りをして、じめじめ・・・爽やかなお茶が飲みたくなりました。

そこで、昨年のものですが、きちんと保存してあった「高橋銀峰」を飲んでみました。
DCF_0141_convert_20090611174224.jpg
もともと新茶で頂いたもので、それから一度も封を開けずに、冷蔵庫で大切に保存していたので、袋の封を切ったときに、新茶のいい香りが「ふわぁ~ん」と漂ってきて、これは!と驚いたものです。

キレイな緑に産毛たっぷり。こういうお茶は上投法で淹れるのがツーですね(^^ゞ
ぬるめのお湯を準備して、キレイな茶葉を観察しました。
DCF_0148_convert_20090611174709.jpg

風味もとってもよく、爽やかな味の中に苦味や雑味の全くない緑茶。
煎を聞かせるほど、味が深まっていき、とってもお得な気分になりました。

そして、外はアジサイがとってもきれい。。。。
DCF_0144_convert_20090611174500.jpg
母がアジサイのコースターをくれました。
DCF_0142_convert_20090611174315.jpg


そして今読んでいる本は。。。。図書館で借りてきました。
DCF_0146_convert_20090611174545.jpg
品種マニアな私としては『茶のサイエンス』というこの本、結構ツボに入っています。
茶樹は弱酸性の土壌を好みます。あじさいも弱酸性がいいらしい。

私の実家の三重県津市はつつじとアジサイがとってもキレイに咲き、町の街路樹を色づけしてくれます。(市が進んでこの2つを植えているらしい)
『茶のサイエンス』の本によると、あじさいもつつじも弱酸性の土壌を好むとのこと。
ちゅ~ことは、やっぱり津はお茶の産地しては理にかなってるちゅ~ことになりますな。

DCF_0143_convert_20090611174404.jpg

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 緑茶

コメント

>ayatomoyukikiさま
結構マニアな本ですよ~(^^ゞ 松下先生は、名古屋の方ですよ。私もお会いした事ありませんが、よく茶人、茶友の話にでてくる偉大な先生のようです。

そうですか~
もう最終38週目ぐらいですか!
無事に元気な赤ちゃんを産んでくださいね~きっとお茶の好きな子が生まれてくることでしょう!この本面白そうですね
読んでみようかなぁ^^!
この松下先生 聞いたことあるような???


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。