07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶館『蓮心』

中国茶やたらと飲みたい病の発作中です。
ということで、実家に戻ってきてから行きたいと思いつつも、我慢していた地元の茶館『蓮心』さんに「最後のあがき」とばかりに、ランチに行ってきました。

前回行った時のブログ

母と、散歩がてら片道25分のウォーキング。

ちょうど、1年前初めておじゃましてから2回目の訪問。マスター私のこと覚えていてくださいました。

ランチは「点心ランチ」。マスター手作りの前菜にはじまり、シュウマイや水餃子、えびギョウザ、そしておかゆ、最後のデザートのゴマプリンです。ホントおいしいんです!!
DCF_0153_convert_20090612224444.jpg
DCF_0154_convert_20090612224532.jpg
DCF_0155_convert_20090612224732.jpg
DCF_0156_convert_20090612224815.jpg

そして、お茶もランチセットについています。ちょうど新茶の仕入れで上海から戻られたばかりだったので、西湖龍井、白茶龍井の飲み比べをさせていただきました。
DCF_0152_convert_20090612224359.jpg
手前が西湖で、奥が白茶龍井です。

初めて頂く白茶龍井。安吉白茶で使う品種の茶葉を龍井茶風に仕上げたものということです。見た目は西湖龍井よりも青々していて美しく、お味もとっても爽やかで万人受けするお茶です。でもマニアには少し淡白すぎる味かもしれません。

そして西湖龍井は、栗香のしっかりでるこれぞ龍井茶という味がして、とっても美味しかったです。
今年の新茶を飲んでいなかったので、タイミング的にラッキーでした。

そして、マスターが好きという岩茶の「肉桂」をさらりと淹れていただきました。
熱い夏でも『肉桂』のキンモクセイの香りを爽やかに感じられるようにと淹れていただきましたお茶はとってもおいしく、私にとって新しい発見になりました。というのも、私は肉桂にいつもパンチを求めていたので、こんな飲み方もあるんだと、教えていただきました。

そして、最後に頂きましたのは、雲南の野生茶です。名前もないこの野生茶は、見た目は紅茶のように、でも緑茶のように、芽も入っています。
味は雲南の大葉種の特徴のフローラルな味のなかに、釜入り緑茶のような味がまざって、こちらもさらりと美味しいお茶をいただきました。

これらのお茶はすべてランチセットの中に含まれております。お客によって淹れるお茶を替えていただいていると思いますが、ランチもおいしく、お茶も複数種飲ませていただき、とってもお得なランチです。これも田舎の価格だからうれしいですね~。

マスター手書きの箸袋がとってもステキで、もって帰ってきちゃいました。
DCF_0157_convert_20090612224913.jpg


出産まで、あと紅茶のお店も行きたいんだけどぉ~。そろそろおとなしくしておいたほうが良さそうです(^^ゞ
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。