07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄山毛峰~2級~

安吉白茶に引き続き、買って保存してあった『黄山毛峰』これも2級。

緑茶の種類もたくさんありますが、これは「自然型」ですね。
黄山毛峰は、原産地証明されているお茶しか、この名前をつけることができないのです。(ちゅ~ことは、偽物もあるってことね)

教室で、「魚葉」という前年葉になれなかった発育不全の芽がこのお茶についているのが特徴と教えてもらったが。。。。ついてるのか?ついていないのか?→多分ない!?

huangshanmaofeng



烘青してあるお茶なので、味が出にくいため煎れるときは長めに3分。

う~ん、緑茶って本と美味しいものはおいしいが、普通のやつは普通。どれを飲んでも同じといわれてしまう悲しいお茶。

この辺の特徴ある美味しさを引き出すのが茶芸師の勤めなんでしょうが、修行が足りぬ。

このお茶も今の段階では、お茶だけ出されて飲んでみて、「これ何茶?」と問われると、答えがだせない。アミノ酸の味と。。。緑茶特有の爽快さと。。。しか言えないです。

これ日々勉強。

今日は、点心教室で作ったゴマ団子と一緒に楽しみました。

maqiu

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 緑茶

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。