07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白琳紅茶

ここ数日紅茶づいている私。一体何がおいしいのか?よく分からなくなってきました(笑)

今日は『白琳紅茶』です。

福建省の福鼎市で栽培されるお茶。福鼎市は白茶の栽培で有名なところです。白茶と同じ福鼎大白茶(国茶1号)という品種で作った紅茶です。

見た目は、茶葉が2cmぐらい。綺麗に条形になっています。
ゴールデンチップ(金芽)も入っていますが、ちょいと少ないかな。
bailin

購入した時の等級がわからないので、よしとしましょう。

癖のない、爽やかな紅茶ですねぇ~というのが第一印象。

某ネットによれば、『独特な風格』があるというのですが、これまたよく分かりません。

湯色はとっても綺麗で、すんだオレンジ色をしています。

bailin yushoku




先日から色々と紅茶を飲んでいるので、味がよく分からなくなってきました。

ということで、王道のキーモン紅茶(1級)を煎れてみました。

キーモンの等級ワケは13級もあるそうですね。値段は40倍も差があるとか(おそろし~)

私が今年1月に購入したキーモン(1級) やや金芽の量が少ない気がしますのが、気のせいということで。
kimen



湯色は、結構濃いですね。(左がキーモン、右が白琳)
qimen&bailin




お味は、独特のちょっとしたスモーキーフレイバー(コレをランの香りというらしいが)、それに合わせてキーモン独特の刺激っていうのかなぁ・・・あ!キーモンね。という感想。(なんじゃそれ!?)

茶殻も綺麗ですわ。
qimen yedi


こうやって飲み比べてみると、キーモンってやっぱりすごく独特なんだけど、飲みやすくって。。。と思います。でもやっぱり中国のほかの紅茶の魅力、もっと知りたいわ。

ということで、やっぱり紅茶は紅茶。中国の紅茶だけでこんなに頭を悩ませているのに、インド・スリランカなどを飲み始めたら、どうなることやら!?
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。