09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今となっては幻のデン紅

お気に入りのお茶屋さんの店長が帰国されるので、最後にご挨拶を兼ねて、デン紅を買いにでかけました。

が、売り切れでした(残念・・・)
しかも再入荷がないとか。

理由は、プーアル茶の値上がりに伴い、同じ茶葉を使用するデン紅も値上がりをしており、品薄状態が続いているからだと。

噂によれば、この夏にプーアル茶の値段が上がりすぎたため、ちょっと落ち着いたとのこと。でも実際はいかに。

あ~残念(>_<)と思って、他のお茶を見るが家の中にはお茶が溢れてます。

そしたら店長さん、デン紅の粉になったものでよければ、差し上げます!と。

きゃ~なんて優しい店長さん。

たっぷり100gぐらい貰ってしまいました。ありがとうございます。

店長さんは、ミルクティーにして飲んでください。とおっしゃいましたが、そんなの勿体ない!

ストレートで今日のおやつのお供に。おやつは自家製マドレーヌ(ちょいと不恰好)

確かに、粉々ではあるが、ちゃんと芽もあるし、悪くない。
dianhong



煎れると、う~ん、デン紅のとろみと、甘さ。そして湯色が綺麗なこと♪テンション上がります。
madlene



アツアツで飲むより、ちょっと冷めてからの方が甘さを感じるかな。

店長さんありがとう。そして日本に帰ってもがんばってくだ~い。

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶

コメント

>上海小町さん
私を発見してくださったのですね、無数のブログの中から。。。お恥ずかしい。
下町のアイドル。。。分かる気がします。私が中国茶にハマったのも小町さんのところで買った雲南紅茶でしたから。
昨年ものを飲むあさるしかないですね(笑)

今更ですが。。。

ご紹介頂きありがとうございます。
私は今日雲南紅茶をアイスティー用に煮出しました。大量に作ったのですが、きっと明日にはなくなると思います。
私にとって雲南紅茶は下町のアイドル。決して高価ではないけど、派手な華やかさがある一品です。
さっき実家に送り届けてあった荷物の中から雲南紅茶の「礼茶」を発掘(笑)しました。東京のサロンではお出ししますので、期待しててください!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。