07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景徳鎮はじめ

中国の陶磁器といえば景徳鎮。

中国茶を嗜むものとしては、景徳鎮の茶器に憧れるわけで。。。
でも中国といえども、本物の手作り景徳鎮はお高いわけで。。。

ということで、今日は大好きなお茶屋さんTeasiaさんhttp://teasia.googlepages.com/homeが茶器・茶葉の半額セールをしているというので早速行って見ました。

最近の私。。。とりあえず茶杯は6個ずつそろえるとお金が付いてこないので、1個買ってその時の気納めをしています。じゃないと、破産しそうで怖いので。

景徳鎮の手書きの茶杯。ず~っとほしいと思っていた桃の柄の茶杯。柄は似ているが形がちがうものを1個ずつ購入。
keitokuchin3


そして、バーゲンでめちゃんこ安かった景徳鎮のお皿。
お米にみたいな模様が景徳鎮らしいっすね。
keitokuchin1


お皿の裏にちゃんと「中国景徳鎮MADE IN CHINA」って書いてある。この文字がノスタルジックです。
keitokuchin2


景徳鎮、行ってみたいな。でも近代的な町に変わってしまっているとか。う~ん、安くて気に入る良質は茶杯。しこたまほしいです。


ちなみに、磁器の釉薬。質の悪いものは有害物質を含んでいるそうです。熱いお湯を注ぐと有害物質が溶け出して。。。ということもあるので、釉薬はきちんと良質のものを使っていることが必要です。見極め方は、色。輝き。手触り。こんなことを先日とある茶迷人から教えてもらいました。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 茶器

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。