09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳳凰単ソウ(黄枝香)

広東烏龍茶の代名詞「鳳凰単ソウ」

なかなか美味しく入れられないお茶なんですが(私にとって)大好きなお茶の一つであります。

このお茶を飲んだときの衝撃はすごかったですね。
お茶なのに、この香りはなんだ?自然のもの?このかすかな甘さは?
などなど、今までのお茶のイメージを覆すものでした。

茶葉自体にもすごく甘い香りがついています。
でも煎れるとす~っと自然なやさしい甘さになります。
DSC02764.jpg


鳳凰単ソウの香りは80種類以上あるといわれています。
この黄枝香は、くちなしの花の香り。これが一番メジャーです。

DSC02765.jpg


黄枝香だけは、どの樹から取るかというのが決まっていますが、他の香りの名前がついた茶葉は茶葉が出来てから、このお茶はこの香りの名前で、あれはこの香りの名前で。。。と付けていくということです。

烏龍茶ですが、沸騰よりも少しだけ低めの温度で、ゆっくりと細くお湯を煎れるのがポイント。

なかなか上手に入れれなく、最高の香りが引き出せないのが今後のポイント。

購入処:teasia@上海
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶

コメント

>渡辺さん
そうですよねぇ~。こんなおいしいお茶を知らない人はかわいそう!これからもがんばって中国茶の美味しさを世界中に(えっ!?)広げましょう。

同感!

いやー私も衝撃でしたよ、このお茶。
茶葉の香りをかいだ瞬間に「何だーこれはー???」
何度もしつこく聞いちゃいましたね。
「あとから香りをつけてるでしょ?」って。
それで、飲んでみるととても甘くて、
見た目ではまさかこんな味と香りだとは想像できなかったので、衝撃は大きかったです。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。