07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願の安溪へ(番外編)

お茶作り見学の翌日は、烏龍茶の聖地!?「中国茶都」の見学です。

ホテルからは近いので、バイクタクシーで3元。
安溪は田舎なので、バイクタクシーがたくさんあって便利。

「中国茶都」はお茶の市場。もちろん安溪烏龍茶一色ですが。お店を広げている商店もありますが、メインはお茶シーズンに市場の真ん中の広場にて、各農家ができたての烏龍茶を売りに来る所です。
chadu.jpg


chadu2.jpg

広いスペースに所狭しとたくさんの農家の人がお茶を売りに来ています。鉄漢音、黄金桂、本山、毛蟹がたくさんあって、香りや外見などをチェックして、気に入ったら試飲用のお茶を少しもらって、公共の試飲スペースで味を確認するという感じです。あまりにも人が多いので、ゆっくりお茶を味わうという感じではないです。
chadu3.jpg


また10斤以上単位での販売なので、完全に卸向けです。私たちは少量を買う交渉したので、買えましたが。

試飲スペースの当番をしているおねえさん、地元の人だけあって、私たちが選んできたお茶に対して色々とコメントをくれます。「これは値段が高い」だの「秋茶じゃないよ!」とか。。。見ただけすぐにわかるなんてスゴイです。(そのコメントの内容があっているかどうかは分かりませんが)

お茶の包装グッツなどもたくさん売っていて、ワクワクするところでした。

これにて、安溪のお茶紀行はおしまい。出来立ての烏龍茶を持って上海に戻るのでした。

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 烏龍茶

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。