05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中級評茶員試験

11月11日、浙江大学茶学系に出向き、中級評茶員の資格試験を受験してきました。

1DSC03027.jpg


9月から受験講座が始まり、全8回の講義と実技練習にくわえ、試験前の2~3週間は、ヒマさえあればお教室に行き、実技の練習をしていました。

実技は、紅茶(キーモン、デン紅)の等級違いを3つ試験問題として出され、その3つのお茶をいい順にならべ、評茶した内容を表にするというものでした。もちろん評茶した内容は中国語で記載をし、専門用語を使ってお茶の味や、外形、香りなどを表現していきます。
コレが一番難しかったです。

1DSC02977.jpg


練習していたサンプルは浙江大学から頂いたものでしたが、実際の試験のときのサンプルは、私がいつも練習していたサンプルと表情が違いました。とっても判断しにくい茶葉で、あせりました。

私はくじ引きでキーモンを評茶する試験に当たったのですが、試験台に並べられたお茶は3つとも「低い等級」のお茶ということは簡単にわかたのですが、その3つとくに、そのうち2つが区別できないぐらいよく似ていて、外見から判断するのは難しく。。。

とりあえず飲んでみることに。。。。飲んでも、意外や意外、お水が美味しく(多分浄純水)、低い等級のお茶のはずなのに、おいしい!?
焦って味も分かりません。

50分で評茶を仕上げ、次は20種類のお茶の名前当て問題。お顔がよくにた茶葉が20種類。。。。あんなけサンプルみたのに、また間違えた(>_<)
1DSC02783.jpg



最後に筆記テスト。中国語を日本語に訳してあるテストなので、日本語がどうもあやしい。。。引っ掛け問題に引っかかる。。。あ~自信がありません。

ということで、1ヶ月後合格証書は届くのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

実は通訳付きで授業も試験も受けました。。。中国語ができたればもっと楽なのに、と思う今日この頃です。

お疲れ様でした


中国での試験って大変ですね。中国語が分からない私には絶対に無理です!
良い結果がいただけるといいですね。
またお話聞かせてください。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。