07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九曲紅梅

浙江省の紅茶「九曲紅梅」。

めずらしいというか、浙江省は緑茶の産地。紅茶は飲む習慣が無い。でも作っているのが「九曲紅梅」。
DSC03068.jpg


龍井茶と同じ茶葉で作っているというからおもしろい。

早速、zhenchalinさんで頂いたものを飲んでみることに。でも実はこれは先日ご縁があってお会いしたTさんからのプレゼント。

細長いヨリの綺麗によった茶葉。香りはさわやかな花の香り。お味は、キーマンのような優雅な味のなかに、新鮮な爽やかさが感じられる味で、しかもマイルド。

キーマンに味が似ているけど、もっと飲みやすい。というか新鮮な感じがこちらのほうが感じるような気がします。

さらっとした口当たりは、春の龍井を思わせるような。。。

今日のお茶タイムは、Tさんにいただいた「黒のおたべ」と共に。
DSC03071.jpg


おまけに、龍井と同じ茶葉ならば、茶殻もみてみないと!とマニアックに、飲み終わった茶殻を広げで、フムフム(^_^;) あ~やぱり一緒でした。でも九曲紅梅のほうが、大きな茶葉が入っていて、茎も入っていました。細いけどね。
DSC03074.jpg

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 紅茶

コメント

私は専門的なお茶の知識が無いので、手摘みか機会摘みか判断する位です。美味しいお茶は、茶殻が綺麗だし、生産者が丁寧なお茶作りをしているのだなぁとか、このお茶に出会えて幸せだなぁとかそんな事考えてます。マニアですね(笑)

りりこさん>
茶殻から得ることは多いと思うんですが、そこから何を読み取るか。。。難しいですね。りりこさんもマニアですね。

私も茶葉はみてしまいますね。でもお茶席など失礼にあたる事もあると、中国茶の先生から聞いて、こっそり見る事が多くなりました(笑)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。