07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無我茶会

昨日、「無我茶会」の簡単な方法を教えていただきました。

上海にも、台湾で誕生した「陸羽茶藝中心」の茶芸教室があり、近所にあるので(本と近所!)、最近はちょこっと教えていただいています。

日本人の老師である山田先生、とってもエレガントで素敵な女性です。

http://allabout.co.jp/gourmet/chinesetea/closeup/CU20071123A/
↑先日、All About中国茶のサイトで紹介されました。

台湾の「陸羽」といえば、「無我茶会」を提唱している茶道のひとつ。今まで私は「大陸型」の茶芸で、しかも「杭州」で学んだ先生方ばかりだったので、台湾の茶芸やお茶の知識を勉強することは、とっても新鮮で、お茶に対する考え方の幅が広がります。

「無我茶会」とは、上下の関係なくして、お茶を淹れる人は参加者全員。自分が淹れたお茶は、左3人の方に召し上がっていただく。自分も右隣3人の方が淹れたお茶を頂く。というもの。席は、抽選できまるので、となりがとってもお偉い先生!なんてこともある。これが上下の関係をなくすというすばらしい概念。また青空の下で地べたに座り、コンパクトに茶席を作り、かつ個性を十分に出す、そして自然を感じながらお茶を楽しむという、すばらしいコンセプト。

もっとたくさんの理念や精神があるのだと思うのだけど、まだソコまでは学んでいません。

2年に1度「国際無我茶会」というイベントがあり、世界中から茶人が集まり、世界中のお茶を楽しみ、交流を深めるというイベントがあるそうです。

先月、山田先生が韓国で行われた「国際無我茶会」に参加された写真を見せていただきました。

日本からも、中国、台湾からもたくさんの茶人が集まり、各国の特徴を生かした茶席が設けられ、個人のセンスがひかる、そしてたくさんの茶人と交流ができる、とっても楽しそうなイベントです。

こういう機会は私にはまだないのですが、これからお茶を嗜んでいけば、きっとこういう素敵な機会にめぐり合えるんだろうなぁ~と夢をみておりました。そして、「これは老後のいい趣味になる!」と確信(笑)
ただ、「茶道は身を滅ぼす」と昔の人はよく言ったのもので、お茶を愛すると茶器の購入だの、茶葉も決して安くなく、お茶会にお出かけとなるとお金が掛かります。
お金には変えられない精神的な豊かさを求められるのは分かっておりますが、貧乏人としては辛いですね。エコ茶芸を目指して、がんばります(爆)

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

kiko

Author:kiko
上海で中国茶を勉強してました。
今は名古屋で気まぐれに中国茶を中心に、色んなお茶を飲んでいます。高級茶芸師・中級評茶員の資格を取りました。ついでに紅茶コーディネーターの勉強もしました。
美味しいお茶を飲みたくて、ウロウロしています。

 
 
 

最近のトラックバック

 
 
 

FC2ブログランキング

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。